株式会社ファイブスターズ アカデミー

まずはお気軽に
お問い合わせください。

03-3500-1686

2016年08月

イタリア地震

「災害は忘れた頃にやってくる」とは知りつつも、 まさかイタリアで起こるとは思ってもいませんでした。 8月24日未明イタリア中部で発生したマグニチュード6.2の地震は、 他人事とは思えません。 それにしても、アマトリーチェという被災地の家屋が倒壊している 様子を見るにつけ、やりきれない思いがします。 以前、ローマ観光に行ったとき、市内の多くの建物が石造りで、 それは古き良き時代の遺産としてとてもエレガントに思えました。 しかし、ひとたび地震となると、それはまさに人間を襲う凶器に なることが、今回明らかになりました。 そんな中、被災地からこんなニュースが届きまし…

続きを読む

200年先の評価

なんともしょっぱいスコッチです。キャンベルタウンで作られるシングル・モルト『スプリングバンク』。キンタイア半島の突端にあるキャンベルタウンは、かつて30を超える蒸留所が軒を連ねるスコッチの一大産地でした。近くにあるアイラ島を遥かに凌ぐほどの規模で、NHK朝ドラの『マッサン』のモデルとなった竹鶴政孝も、ここにあるヘーゼルバーン蒸留所で修行しています。それほどまでに隆盛を誇った名産地なのに、現在はたった3つの蒸留所を数えるのみ。しかも、当時から絶え間なく操業を続けているのは、スプリングバンク蒸留所だけです。人の世は栄枯盛衰と言うけれど、あまりにも急激な凋落ではありませんか。その原因は二つあります。…

続きを読む

勝負

オリンピックの競技に一喜一憂していた興奮の日々も、 閉会式をもって終了しました。 今は、普通の穏やかな日々に戻り、なんだか拍子抜けしています。 オリンピックはよく、筋書きのない感動のドラマと言われますが、 日本選手の番狂わせ?のメダルラッシュのためか、今回ほどその感を 強くした大会はないと思います。 日本の選手に限らずどこの国の選手も「喜びの涙」あり「悔し涙」ありで、 「うそ・いつわり」のない真剣勝負は見る者を巻き込みますね。 ある選手が「この一日のために4年間やってきた」と語っていましたが、 この一日に全ての成果を出すことがどんなに難しいかを目の当たりした 日…

続きを読む

頭のよくなる薬

今回は、『IQ遺伝子』(2009年6月)や、『IQを高める食事』(2009年7月)の続編です。有力なIQ遺伝子が見つかりました。それは、delta-6desaturase(Δ6不飽和化酵素)という、体内の不飽和脂肪酸を増やす酵素の遺伝子です。不飽和脂肪酸というのは、健康食品のCMでお馴染みのDHAとかEPAとか言う奴です。この遺伝子を持っている人は、不飽和脂肪酸をたくさん作ることができるのです。ということは、この遺伝子を持っていない人は、いくら青魚を食べても効果ないってことでしょうか?あるいは、だからこそ食べなければならないということ?いずれにせよ、これからの研究でその辺が明らかにされると思い…

続きを読む

変える

連日のリオオリンピックの競技に、寝不足の方も多いのでは? と、寝不足の私は思っています。 想像だにしなかった「日本のメダルラッシュ」に、テレビの前の応援にも、 いきおい力が入ります。 それにしても、「柔道男子全7階級でメダル」の結果には、誰もが驚き、 感動したと思います。そして、さらに感動の締めくくりは、井上監督の 「男の涙」ではないでしょうか。 この快挙は、監督自らこの四年間、若い世代の選手に 「代表の誇りを持て」と訴え、身だしなみから合宿所の使い方まで、 日常生活を変えることから厳しく指導した結果であると、 新聞記事にありました。そして「大事なのは本人が変わ…

続きを読む

心配ないさ

故郷に向かう列車がスピードを落とし、左に大きく弧を描いて、やがて青々とした森の中へと入ろうとした時でした。イヤホンから流れていた音楽が、明るい曲調に変わります。ウィントン・ケリーの『イッツ・オール・ライト』。ケリーは、15才でR&Bのピアニストとしてプロのキャリアをスタートさせますが、その後女性シンガーのダイナ・ワシントンの伴奏者やディジー・ガレスピーのバンドを経て、マイルス・デイヴィスに見出されます。「ケリーは煙草につける火のような存在だ。彼なくして煙草は吸えない」マイルスにそこまで言わしめたケリーは、ジャズ史を塗り替えるような数々の名アルバムに参加するうちに、やがてジャズシーンには欠かせな…

続きを読む

連日のリオオリンピックの放映で、テレビの番組は大忙しです。 それにつけても最近のユニフォームのデザインには目を見張ります。 鮮やかな原色の色合いでありながらも、各国のナショナルカラーが 上手に取り込まれていて、デザイン性の高さを強く感じます。 このような色とりどりのユニフォームが氾濫する中、各国共通の ユニフォームを着用しているのが、柔道です。 真っ白の柔道着に黒帯が本来の姿ですが、いつのころからか、青色の 柔道着も導入されています。これも時代の趨勢で致し方ないと思います。 (実際、白と青の柔道着のほうが勝敗が分かりやすいですし) 対戦相手によって、白と青の柔道着…

続きを読む

サボっても降格しない

家電メーカーのシャープが経営難に陥り、台湾の企業に買収されました。しかし、これから軌道に乗るまでには、乗り越えなければならない壁がまだいくつもあるように思います。シャープの失敗を見ていると、成功体験が却ってマイナスに作用する怖さを思い知らされます。2011年7月の地上デジタル放送への切替に伴い、ほとんどの家庭がテレビを買い替えざるを得なくなりました。どのメーカーのテレビも飛ぶように売れたのは、当たり前と言えば当たり前です。中でもシャープは「世界の亀山モデル」を売りに、高画質の『アクオス』で一気に業績を伸ばしました。シャープでは、この大ヒット商品を開発した人物が功績を認められ社長に就任します。と…

続きを読む

名前

私どもファイブスターズでは、研修中に受講生の「名前(苗字)」を 覚えるのをポリシーとしています。つまり、受講生の名札を見ながら ではなく、顔を見ただけで即座に名前で呼んで、研修運営するのを 旨としています。 私の場合ですと、30人程のクラスで1時間程度、50人では3時間程で 完全に名前が覚えられます。 そして、毎回驚かされるのは受講生の反応です。 「大勢いるのに、自分の名前を覚えてもらって単純に嬉しかった!」と、 ほぼ全員がアンケートに書いてくれ、手放しの喜びようです。 講師としても「名前を呼ぶ」というプラスのストロークを実践し、 その効果の程を受講生に…

続きを読む

初めての方へ研修を探す講師紹介よくある質問会社案内お知らせお問い合わせサイトのご利用について個人情報保護方針

© FiveStars Academy Co., Ltd. All right reserved.