株式会社ファイブスターズ アカデミー

まずはお気軽に
お問い合わせください。

03-3500-1686

2017年11月

従業員ファースト(1)

「お客様は神様です」と言わんばかりに「顧客第一主義」を掲げる会社は多いもの。でも、顧客ではなく従業員を第一に、顧客を第二に、そして株主を第三に位置づけている会社があります。あの『1分間マネージャー』の著者ケン・ブランチャードと、サウスウエスト航空の名誉社長コリーン・バレットの対談を収めた『世界でいちばん従業員を愛している会社』(佐藤理恵訳)は、メアリー・キャンベルという乗客がサウスウエスト航空のCEO宛てに送った感謝の手紙から始まります。メアリーは父親が危篤という知らせを受けて空港に急ぎますが、あいにくどこの航空会社の便も満席。サウスウエスト航空も例外ではありません。すでに3人分のオーバーブッ…

続きを読む

風見鶏ガリレオ(2)

望遠鏡の魔力に取り憑かれてからというもの、ガリレオは庇護者である権力者に一層媚びるようになります。より高い給料を求めてパドヴァ大学の教授の職を辞したガリレオは、トスカナ大公国のメディチ家の庇護を受けることを目論みます。木星の衛星を発見した時に、真っ先にメディチ家にそれを知らせただけでなく、その星を「メディチ家の星」と命名するほどゴマを擦っていたのはこの布石でした。さらに、かつて君主コジモⅡ世の家庭教師を務めていたという事実も、彼の背中を押します。上司に媚び諂うサラリーマンはそこら中にいますが、ガリレオの場合はそんなレベルをはるかに超えていますよね。それでも、ガリレオはまだ満足できません。富は手…

続きを読む

風見鶏ガリレオ(1)

「それでも地球は回っている」ローマで宗教裁判にかけられた時、身の危険を顧みず地動説の正しさを主張したガリレオ・ガリレイ。まさに信念の人。長い間そう思っていましたが、実はこの話は真っ赤なウソでした。ついでに言えば、ピサの斜塔から物体を落下させたというあの有名な実験も弟子たちの創作です。ガリレオは信念の人どころか、それとは真逆の完全なる「風見鶏」。時の権威に媚び諂い、庇護者のご機嫌を取ることに汲々とした一生を送った男、それがガリレオの真の姿です。彼の最大の業績と言えば、何と言っても「落体の法則」。その発見のきっかけは、ギリシャの大学者アリストテレスの説に疑問を抱いたことでした。アリストテレスの説と…

続きを読む

ジャズと麻薬

その男の死体は、ラスヴェガス郊外の砂漠で発見されました。警察の検視によれば死因は撲殺。首の骨がポッキリ折れていたそうです。こうして、デクスター・ゴードンと人気を二分したテナー・サックス奏者ワーデル・グレイは、その34年の短い生涯を閉じたのでした。50年代のロサンゼルスと言えば、「白いウェスト・コースト・ジャズ」の全盛期。音楽の高等教育をちゃんと受けた譜面の読める白人たち、すなわちジェリー・マリガン、アート・ペッパー、バド・シャンク、デイヴ・ブルーベック等による「爽やか」なジャズは多くの人々を魅了しました。しかし、意外なことに当時のロサンゼルスでは、ワーデル・グレイを始めチャールス・ミンガス、デ…

続きを読む

白票

不祥事が続く中、企業ガバナンスの切り札として一躍脚光を浴びたのが「社外取締役制度」。しかし、東芝の例を見てもわかるように、この制度を導入したからといって、すぐに健全な企業経営が実現できる訳ではありません。そもそも企業側から見れば、社内事情に疎い上に利益を上げる責任を負っていない人たちから、あれこれ経営に口出しされるのはあまり面白いことではありません。ですので、都合の悪い情報は社外取締役には伏せておきたいという気持ちが沸いてくるのも無理からぬこと。唯一、この社外取締役制度が機能したと思われる事例が、2016年のセブン&アイ・ホールディングスです。当時の会長兼CEO鈴木敏文が、セブン-イレブン・ジ…

続きを読む

初めての方へ研修を探す講師紹介よくある質問会社案内お知らせお問い合わせサイトのご利用について個人情報保護方針

© FiveStars Academy Co., Ltd. All right reserved.