株式会社ファイブスターズ アカデミー

まずはお気軽に
お問い合わせください。

03-3500-1686

2007年02月

牛乳の種類

先日、健康診断で「骨の中のカルシウムがしっかりと蓄えられている。」とお医者様からいわれてちょっと、いい気になっております。これは毎日牛乳をしっかりと飲んでいるからだと自負しています。しかし、何気なく飲んでいる牛乳が意外に色々な種類があることをご存知ですか?牛乳・成分調整牛乳・低脂肪牛乳・無脂肪牛乳・加工乳・乳飲料さらにこれらに「低温殺菌」と「高温殺菌」があるのです。こんなにいろいろ種類があるのですから自分が飲んでいる牛乳が果たして何なのかしっかり認識しなくてはなりませんね。「骨粗ショウ症」防止で一生懸命牛乳を飲んでいる身としては、もう少し注意深く牛乳選びをせねばと再認識しました。(今までは「本…

続きを読む

おいしい話

主席講師ブログの村上講師がおいしい話にだまされないためにというテーマでブログを書いていますが、先日新聞にも悪質商法から身を守るためにということでいろいろ注意点が書かれていました。しかし、人をだましてお金をもうけるという商法が本当に多いのに驚きました:①「振り込め詐欺」銀行口座に入金させる ・オレオレ詐欺 ・架空請求詐欺 ・融資保障金詐欺②「訪問販売」突然訪問して売りつける ・リフォーム詐欺 ・点検商法 (公的機関の職員を語り火災報知機などを設置させる) ・かたり商法③最初に高額支払いをさせる ・サイドビジネス商法 ・資格商法④儲け話で言葉巧みに勧誘 ・マルチ商法 ・利殖商法⑤インターネットで起…

続きを読む

騙されないための3カ条-その1

最近、怪しげな金融商品の勧誘で、退職金などを騙し取られるケースが増えています。以前から疑問に思っていたのですが、日本の義務教育は様々な教科を教えているのに、なぜか金融の知識は教えていません。一方で、銀行預金の金利は低いままで、給料もなかなか上がらず、何とか資産運用で虎の子を増やしたいと思うのは当然の感情です。そこで、思いっきり手元のお金は増えないけれど、少なくとも怪しげな金融商品の勧誘には騙されないための知って得する3カ条を3回シリーズでお伝えしたいと思います。(これは私の資産運用関係の研修で実際に講義している内容の一部です。)第1カ条:「タダ飯はない」英語では「ノー・フリー・ランチ」と言って…

続きを読む

「三低」+「三手」

結婚相手を選ぶときには、「高収入」「高学歴」「高身長」の「三高」が基準と声高に言われてきました。が、ここ一、二年では女性が男性に求める結婚条件が従来の「三高」とは違ってきているとタウン紙に書かれていました。面白いのでご紹介しますね。その1:「三低」 【低姿勢】つまりはレディーファースト 【低リスク】公務員や資格保有者などリスクの低い安定した職業 【低依存】束縛しないお互いの生活を尊重これらは女性が結婚しても仕事を続けるという意思が根底にあるように見受けられますね。そのためには、さらに男性に次の「三手」が強く求められるのです・・・その2:「三手」 【手伝う】家事や育児への積極参加 【手を取り合う…

続きを読む

ほめ上手ほめられ上手

先日新大阪までの新幹線の車中で、「JR教科書いらずの英会話」というラジオを聴いていました。ハイディさんと美穂さんという二人が織りなすビジネス場面の英会話を分かりやすく解説している番組で私はよく聞いているのです。そこでの話しです。今回は英語表現では「日本人的美意識」は捨てるようにということでした。つまり:★人にモノをプレゼントするときに「つまらないものですが・・・」★人からほめられたとき「そんなことありません・・・」など、特に要注意と言うことでした。そういえば、外国の方とご一緒することがあると、さりげなくほめられることが多いと感じます。そのように、ほめられたときは:「そのセーターとても似合ってい…

続きを読む

余暇

先日、朝日新聞の「be」に定年後どうしている?というアンケート結果が出ていました。日本:①趣味 ②ボランティア ③何もしない豪州:①趣味 ②ガーデニング ③ボランティア中国:①家族の世話 ②ハイキング ③スポーツ英国:①ガーデニング ②趣味 ③ハイキング仏国:①ガーデニング ②家族の世話 ③読書独国:①スポーツ ②旅行 ③ガーデニング米国:①趣味 ②旅行 ③スポーツという結果でした。お気づきですか?「何もしない」という答えがでてきているのは日本だけです。現在「ライフプラン」「キャリアプラン」に関する中堅社員研修をご提供することが多いのですが、この結果をみると定年後の生き方を今から、ここから、す…

続きを読む

人まね

バイオリンニストの千住真理子(公式HP)さんが使っているバイオリンはストラディバリウスの中でもディランティという名前がついていて、製作者がもっとも円熟した技量をもって作ったとされる最高のバイオリンと言われています。しかし千住さんの悩みは、現代にこのストラディバリにかわる職工さんがいまだにいないことだそうです。小田原にある会社がこの名器製作を手がけて30年ほどになるのですが、表面のふくらみ、とくにストラディバリウスは曲線が大変美しくたくみにできているということですので、最新機器を駆使して手作業で仕上げていく過程を紹介していました。みていると「名器製作」というのも大変な手間、ヒマと意欲がないとでき…

続きを読む

血管年齢

まあ、このところの健康志向で、「実年齢」「機能年齢」「血管年齢」「筋肉年齢」「内臓年齢」などなど体の色々な部分に「年齢」がついて、私など、しっかりオン年500歳くらいになりそうな勢いです。先日の健康テレビ番組で「血管年齢」という言葉で人の年齢を測っていました。つまり、年を取って血管の病気にかかるのは「動脈硬化」が原因ということで血管を若返らせば動脈硬化を免れることができ、血管の病気にもかかりにくくなるという話です。専門医によると「NO」つまり一酸化窒素が重要で、これはウォーキングによって血管内部から分泌するとのこと。一度発生すると2,3日はもつので、一週間に2,3回20-30分のウォーキングを…

続きを読む

パリ オペラ座バレエ

先日の日曜日の朝はNHK3チャンネルでパリのオペラ座の若手デュエットのバレエ指導番組を見ました。若手デュエットの振り付け指導を見るのは初めてですが、クラシックバレエではあのように一つ一つの動作をきちんと意味づけて踊っていることなど知りませんでしたので、びっくりしました。表現するものにとって言葉がない分、体で気持ちを表現するワケですから手の先、足先まで気持ちをこめて「しぐさ作り」をしていることがよく分かりました。見ているほうが見過ごしがちなちょっとしたしぐさも・・・「二人の気持ちを一緒にして、足首を直角に曲げて相手とリズムを同じにして!」「二人の距離が近くても、大げさに肩に手を置いてつながりを強…

続きを読む

チームワーク

ケーブルテレビで時々放映されている「ホットロッド」というカスタムカーの番組があります。ボイドコディントン(BOYDCODDINGTON)というホットロッド界では有名な人のワークショップにカメラが入り、そこで働く人たちの様子やモノづくりへの思いなどさまざまな人間模様を映し出すという、私としては大変興味深い番組です。先日は「ビッグボーイ」と皆から尊敬されているこのボイドと若手従業員が東部で行われるストリートロッドショーへ競って作品を展示し、来場者からどちらのデザインがいいかを決めてもらうまでを時系列的に追って放映していました。製作途中での若い世代と年配世代との確執、さらには、デザインや安全性でのボ…

続きを読む

初めての方へ研修を探す講師紹介よくある質問会社案内お知らせお問い合わせサイトのご利用について個人情報保護方針

© FiveStars Academy Co., Ltd. All right reserved.