株式会社ファイブスターズ アカデミー

まずはお気軽に
お問い合わせください。

03-3500-1686

2017年09月

見えざる資産(2)

研修によって意識を変え、その後のフォローによって行動を変えたケースをご紹介します。まず、マネージャー研修の最後に、「今後取り組むべき3つの具体的な行動」をアクションプラン・シートに書き出してもらいます。その後、毎月末にそのシートを振り返っては、一つ一つについて○×△で自己評価を記入します。そして、言い訳も含めた簡単なコメントを記入した上で、上司であるシニア・マネージャーと状況を共有します。上司は、その面談で指示したことや気づいたことなどを「上司コメント欄」に追記して、アクションプラン・シートを人事部門に提出します。ただこれだけのことです。これを3カ月間繰り返した後、4ケ月目に実施したフォロー研…

続きを読む

見えざる資産(1)

競合の多い企業にとって最大の課題は、どうやって他社より優位に立つかということです。経営学では、二つの考え方があります。ひとつはマーケットを重視する考え方で、「ポジショニング・ビュー(市場競争戦略論)」と呼ばれるものです。ハーバード大学のマイケル・ポーターらが主張したもので、製品と市場の状況とか、企業の事業ユニットと市場の関係について、以下の5つの外部要因から分析します。①新規参入の脅威②同じ業界の敵対関係(競合企業)③代替製品の脅威④買い手の交渉力⑤売り手の交渉力簡単に言うと企業外部にある「見えるもの」を分析し、マーケットにおける最適なポジションをとることで優位性を保とうとする理論です。これは…

続きを読む

悪人エジソン(2)

テスラとエジソンの間で繰り広げられた電流戦争は、1893年のシカゴ万博で遂に決着を見ます。シカゴ万博と言えば、先月の『遅刻がきっかけで』で紹介した、屋井先蔵の乾電池が展示された博覧会です。電気というものが初めて世の注目を浴びたこの万博の電気設備契約を、なんとテスラのスポンサーであるウェスティングハウス社が獲得します。ついに交流が勝利したのです。私たちが今使っている電灯も冷蔵庫もエアコンも携帯電話も、すべてニコラ・テスラがいなかったら存在しなかったものなのです。このシカゴ万博で直流を提案し一敗地に塗れたのは、エジソンが興したエジソン・ゼネラル電気会社を吸収合併したゼネラル・エレクトリック社、すな…

続きを読む

長寿社会の生き方

  先日、2007年生まれの現在10歳の子供の50%は、107歳まで 生きる可能性があるとのニュースがありました。 まさに、「人生50年」ならぬ「人生100年」の時代が到来する ということになります。 そうなると、現在の「教育」「仕事」「引退」の3ステージから、 マルチステージへライフシフトする必要があると、 リンダ・クラットン教授が唱えています。 まさに、定年退職(65歳?)の後に、まだ40年も自分の人生が 続くということになります。例え時間があっても、気力・体力が 付いていくかが問題だと実感します。 私自身も、現在どこかが悪いというわけではありませ…

続きを読む

悪人エジソン(1)

トーマス・エジソンと言えば、白熱電球や蓄音機を発明した有名な発明王。また、「天才は99%の汗と1%のインスピレーションに他ならない」の名言で知られる努力の人でもありました。しかし、実業家としてのエジソンの実像は全く違っていました。競争相手に打ち勝つために、夥しい数の犬や猫を殺戮した「殺人鬼」ならぬ「殺犬鬼」・「殺猫鬼」だったのです。電球の発明で十分な富と名声を得たエジソンは、次に電気を普及させるために発電事業に挑みますが、これを契機に「電流戦争」が勃発します。「直流」と「交流」の戦いです。最初は、エジソンの提唱する「直流」が圧倒的に優勢でした。直流はプラスとマイナスが固定されているため、電気の…

続きを読む

初めての方へ研修を探す講師紹介よくある質問会社案内お知らせお問い合わせサイトのご利用について個人情報保護方針

© FiveStars Academy Co., Ltd. All right reserved.