株式会社ファイブスターズ アカデミー

まずはお気軽に
お問い合わせください。

03-3500-1686

2015年07月

リトマス試験紙

売り上げがなかなか伸びません。一方で原材料費のコストはあがるばかり。しかし、製品価格を値上げする訳にもいかず、泣く泣く利益を削って対応しています。この状態が続くと、会社が潰れてしまうのではないかと、とても心配です・・・。多くの中小企業が抱えている悩みです。アベノミクスのおかげで、少しは景気が持ち直したとは言え、その恩恵を受けているのは大企業ばかり。中小企業にとっては、相変わらず気の抜けない状態が続いています。この先、会社が存続できるかどうかは、社長だけでなく社員だって心配なはず。以前、経営コンサルタントと話した時、会社が存続できるかどうか、瞬時にわかるリトマス試験紙があると聞きました。それは、…

続きを読む

炎える母

40年以上、あえて読むことを避け続けてきました。理由は、あまりに凄惨な詩だからです。宗左近の『炎える母』は、たったひとつのテーマ、すなわち母親が生きたまま焼き殺されるというテーマで貫かれた、300ページにも及ぶ長編詩集です。敗戦が、誰の目にも明らかだった1945年3月10日。連合軍がこの日決行したミーティングハウス2号作戦は、それまでの東京空襲とは違い、極めて低い高度から大量の焼夷弾を投下するというものでした。わざわざ風の強いこの日を選び、しかも木造家屋が密集する下町をターゲットにしたのは、明らかに火災の延焼効果を狙ったものでした。作戦はものの見事に的中し、東京は見渡す限りの焼け野原となります…

続きを読む

パワハラ考

ついこの間まで「セクハラ」対応で大騒ぎしていた職場マネジメントが、今度は「パワハラ」問題に振り回されています。遅刻した新入社員を怒ったら、「課長、それってパワハラですよね」と反撃され、すっかり及び腰になってしまった管理職もいます。その上、最近は「マタハラ」や「スメハラ」などの新種も出現し、管理職にとって職場は、さながら“地雷原”の様相を呈してきました。しかし、一体どこからパワハラになってしまうのか、その境界線は誰に聞いてもはっきりしません。厚労省のワーキンググループによれば、パワハラは以下のように定義されています。「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、…

続きを読む

ビジョンとミッション

数年前のこと、ある人から勧められた本の表紙を見て、ちょっと困惑してしまいました。『英国海兵隊に学ぶ最強組織のつくり方』とあったからです。いまどき軍隊なのかな、と思う私の心を見透かしたように、その人は言います。「昔は作戦本部の命令に絶対服従でしたが、今はほとんどの決定権は現場の士官に委ねられているそうです」半信半疑でしたが、読んでみて本当に驚きました。今、ビジネスの現場で、とても曖昧になっていることが、実に明確に整理されていたからです。それは、ビジョンとミッションの違いです。管理職にビジョンを語らせると、多くの人が「今年度の予算を達成する」とか、「今のプロジェクトを成功させる」ことと答えます。し…

続きを読む

瞬間湯沸器

あなたの会社に、“瞬間湯沸器”はいませんか?まあ、“瞬間”とまではいかなくても怒りっぽい人や、よく怒鳴る人は結構いるものです。私も昔はそうでした。その頃の言い訳はいつも、「俺って短気だから」でした。確かに気が長い方ではありませんが、本当に性格の問題なのでしょうか?ちょっと検証してみましょう。論理構成はこうなります。「短気」という性格が、「カッとなる」という感情を引き起こし、さらにその感情が「怒鳴る」という行動を引き起こす。つまり、性格(短気)→感情(カッとなる)→行動(怒鳴る)という連鎖です。一見説得力があるように思えますが、本当でしょうか?最近ブームになっているアドラー心理学では、この仮説は…

続きを読む

初めての方へ研修を探す講師紹介よくある質問会社案内お知らせお問い合わせサイトのご利用について個人情報保護方針

© FiveStars Academy Co., Ltd. All right reserved.