株式会社ファイブスターズ アカデミー

まずはお気軽に
お問い合わせください。

03-3500-1686

2008年05月

犬の感情

動物番組で犬の感情についてやっていました。私自身、人間相手の仕事をしていますので、感情には大いに関心がありますが、犬とはいえ、やはり一番人間に親しい生き物ですので、当然、興味が湧くというものです。正直面白かったですし、またまた考えさせられました。つまり、犬も「生きがい」を失ったときにはストレスを感じ、不審な挙動をとることがあるとか。また、役割を訓練された救助犬などはさらに興味深いことに、出動して「生存者」を見つけられなかったときや、救出されてもすでにその人が死亡している場合には、自分の役割が遂行ができなかったことに対する喪失感でかなりの「落ち込み症状」の行動が出てくるということでした。そこで、…

続きを読む

自分の作品

現在、留学先から帰宅している娘は体調を整えるためとダイエットを兼ねてスポーツジムに通っています。スポーツジムだけでは飽き足らず、今は私が通っている「整体の先生」のところへも骨の調整に毎週行っているのですが・・・彼女はそこでの院長先生とのやり取りに大いに触発されているのです。例えば:・自分の体は自分の「作品」ですからね。大切にかわいがってください。・毎日体重のグラフをつけて、過去の自分と比べてください。・骨を調整すると体への負荷がなくなり、筋肉が効率よくついて 消費エネルギーが増えていきますよ。などなど、体の基本について、行く度に本当に分かりやすくワンポイントレッスンをしてくださるのです。これっ…

続きを読む

教育

20世紀の大きな海難事故のひとつと言われている「スカンジナビアン スター号」の火災事故ですが、先日、その検証番組を見ました。映し出されたのは、豪華に作られた船内、家族連れで楽しそうに乗り込む乗客の様子。ところが夜中に火事が発生し、予想外に火の回りが速かったために死亡者158人という海難事故の歴史にその名を連ねることになってしまったのですが・・・乗客としては間違いなくしっかりと造船されているものと思って乗り込むわけですが何かの事故が発生して、それが大災害になるというときは、どこかに大きな事故につながる「落とし穴」があるのだとわかりました。つまり、誰も宿泊していないフロアーの火の気のないところでの…

続きを読む

白熊

現在、はまっているのはテレビの「ナショナル ジオグラフィ」という番組です。通称「ナショ・ジオ」は開局120周年記念ということで特集番組をやっているのです。先日は「今世紀の絶滅種」と言われているホッキョクグマを取り上げていました。一見、かわいらしい「白熊くん」ですが、これが結構な『殺し屋」でして・・・私たちは「白い毛皮がきれいだ!」くらいしか目を向けることがない彼らですが、局地で生き延びるために、実は大変な環境適応型の優れものボディを持っているのです!番組によると:・体重が1トン近くある大きさの熊で、体脂肪が10センチ近くあることで マイナス40度の耐寒仕様となっている・あのふさふさした白い毛皮…

続きを読む

彗星の衝突

今、サブプライムロームという彗星が世界中に脅威を与えています。ドルは大幅に急落しました。まるで、新ブレトンウッズ体制だとか、アメリカ新帝国主義といわれる体制に終わりを告げる鐘の音のようにも思えます。しかし、私は、かつてレスター・C・サローが『知的資本主義』の中で言った言葉を思い出します。いかなる国も永遠に貿易赤字を続けることはできない。いずれドルは急落する。しかし、ドルの急落は、彗星の衝突に酷似している。衝突するのはアメリカだが、経済的打撃は他の国の方が大きい。アメリカは貿易赤字がなくなるだけだが、世界は突如4500億ドルの需要を失う。それはすなわち、900万人の雇用を失うことに他ならない。そ…

続きを読む

お客様目線

レストランやカフェで、「すいません」とこちらから声をかけると決まって店員さんから「ちょっと、お待ちください」と返事が返ってきます。以前にも「ちょっと、お待ちください」という言葉は「失礼だ!」と怒りのブログを書きましたが、お客様目線ということで言えば、この言葉はまさに、「反お客様目線の言葉」という気がします。私に言わせれば「喧嘩売ってる!」としか言いようがありません。お客様目線で言うならば「はい、ただ今参ります」というべきところです。考えてみると、お客様、お客様といいながらも、言葉では反お客様的な目線で話をしていることがあります。私自身、心せねばと思っています。そうなると、家の近くにあるリサイク…

続きを読む

アメリカファッション

アメリカから休暇で帰ってきている娘と先日、私の着なくなった洋服をどうするかで話をしていました。私自身、ほとんどスーツ、ジャケットで仕事をしますので普段着というのはあまり持っていないのですが、今から2・30年前のワンピースなど、仕事をする前に着ていた服が何着か出てきました。これはもう捨てるしかない?と思いきや、いやいやどうして、今、アメリカでは日本の古きよき時代の「小紋」のような模様の服がはやっているというのです。結構目鼻立ちがはっきりしたアメリカ人が「小紋?」と思うのですが、そこはスパッツと組み合わせて、上手に着こなしているというのです。まったく、何がはやるのか分かりません。しかし、捨てるしか…

続きを読む

編み目

先週のMJ紙に「編み目がかもし出す椅子の優しさ」という記事がありました。イタリアで毎年開かれる世界最大規模の家具見本市「ミラノ・サローネ」で今年特に目立ったのが編み目模様の椅子だったとのこと。先端素材を使った工業製品でありながらも手作りのような柔らかさが感じられるのが特徴で、機能性とデザインが絶妙なバランスで調和しているということで、いくつかのプラスチックの椅子やソファー、ランプシェイドなどの実物の写真が乗っていました。私たちは編み目を見たときに、そこには「人の手」がかかわっていると直感で想像できます。ですから、工業的なものに編み目があると自然に人の手をそこに感じて「アット ホーム」な印象にな…

続きを読む

世界はアメリカ中心にまわる

アメリカが、その異常なまでの消費意欲で、世界の景気を引っ張ったことは事実です。しかし、まるでキリギリスのようなあまりに楽天的な生活がいつまでも続くわけがありません。特に、経常収支赤字に加えて、財政赤字という双子の赤字の国です。どこかで綻びがくるはずです。経済学のテキストでは、このような破局が来ると教えていました。大赤字の国の国債はあまり信用できないので、まず誰もアメリカ国債を買わなくなります。それどころか、持っているアメリカ国債を早いうちに売ってしまおうと考えます。するとドルが売られます。つまりドル急落です。ところが、奇妙なことにここ数年ドルが急落することはありませんでした。なぜでしょう?それ…

続きを読む

健康器具

こう見えても私、結構通販オタクです。それも健康器具。今を去ること20年ほど前…・ウエストのベルトマッサージ器 (腰に巻いた皮のベルトでウエストをブルブル振動させる)・ぶら下がり健康器具・腹筋台・金魚の尾ひれ運動・上腕筋を鍛える金属のバー・足裏マッサージ器・お腹の脂肪をとる電気マッサージ(これチクチクして痛い!)・麦踏みのような歩行器・マッサージチェアー・ストレッチバルーンそして、今回は・両足開閉スライド器具(商品名「レッグ マジック」)とまぁ、こんな感じで家の中は健康器具だらけです。つい先週届いたのは両足を左右にスライドするフット台に乗せ、左右に開いてそれを一気に閉じるというスライド器具なので…

続きを読む

初めての方へ研修を探す講師紹介よくある質問会社案内お知らせお問い合わせサイトのご利用について個人情報保護方針

© FiveStars Academy Co., Ltd. All right reserved.