株式会社ファイブスターズ アカデミー

まずはお気軽に
お問い合わせください。

03-3500-1686

足立 好穂

刺さる言葉

  今朝のテレビのニュースで、ユニクロの柳井社長のインタビューを 取り上げていました。   ユニクロの目指す服は「ライフウェア」であり、究極の「普段着」とのこと。 そうですよね。 服装は、おしゃれするというより、毎日の自分の暮らしにおける 自己表現ですから「ライフウェア」という捉え方は、至極自然に 受け止められます。   服装は「第二の人格」とビジネスマナーでは言っています。 毎日身に着ける「普段着」こそ、注目すべき服であることは しごく当たり前ですね。   しかし、ともすると休日で人に会わない時など、おざなりな恰好を している自分…

続きを読む

新年のご挨拶

やっと、ファイブのHPの整備が終了しました。   遅ればせながら… あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。   と、何とも間の抜けた新年のご挨拶となりました。 実は、先週の月曜日から研修が1週間続き、やっと体が空いたのが今日ということなのです。   幸先の良い新年の幕開けですが、昨年の反省と今年の展望をしっかりと見極めない内に走り出した感があり、落ち着かないのも事実です。   が、そんなことは言っていられません。すでに、年が明けたのですから。     今年は、一つ大きな目標があります。それは… …

続きを読む

なんでもかんでも

なんでもかんでも、スマホ!なんでもかんでも、AI!世の中なんでもかんでも…と、つい言いたくなるくらい何もかもが、スマホ中心の生活になり、AI化していく様に、私の年代になるとついていくのが大変です。最近ではAIによって、生き残る仕事・消える仕事などとかまびすしくネットで取り上げられています。私がやっている「講師」はどうなのか?と、ネットで検索すると「講師」という文言はあまり見かけませんでしたが、「塾の講師」となると、難問の解き方は、過去のデータを基にしたAIのほうが的確に説明できるとのことで、なくなる可能性が高いとのことでした。しかし一方では、小学校の教員はなくならない職業にランクインしていまし…

続きを読む

物流危機

少し前まで、郵便物や荷物を送るとなると先方に届くまで 2日程かかるのが当たり前でしたが、今では地方でない限り 翌日配送が当たり前となりました。 また、ネットショッピングで購入すると、直ぐに自宅に商品が 届きます。時には、その日のうちに…なんてこともあります。 私達は、この便利さを当たり前と思っていますが、実は この配送システム、現在すでにパンク状態であるとのことです。 考えてみれば、この便利さの陰には日夜トラックを飛ばし搬送する 人たちがいるわけですから、扱う物品が多くなればなるほど、 トラックと運転手が不足するのは明らかです。 この物流に危機感を持ったある…

続きを読む

細部へのこだわり

今、何かと話題のZOZOスーツの発案者である前澤友作社長ですが、 その一代記をTV番組で初めて見ました。 漏れ聞こえてくる「遊び人」という噂とは裏腹に、ビジネスに臨む 姿勢は厳しく「スーパービジネスパーソン」であると感じました。 (だからこそ、ここまで成功したのだと思います) そして、現在日本中で取沙汰されている「働き方改革」を何年も前から 実践している「自由人」であるとも感じました。 番組中、当の社長の語録は色々ありましたが、私が気に入ったのは: 「神は細部に宿る」という言葉です。 ZOZOスーツで出来上がった個別採寸のシャツをお客様に発送する段になり …

続きを読む

年を取るということ

私自身、敬老の日にお祝いをもらう程の年齢ではないにしろ、最近はとみに、長寿で活躍されている人に目が行きます。その中でも、女優の草笛光子さんにはびっくりです。御年84歳ですが、歌も踊りもお芝居もこなせる数少ない今まさに旬の女優さんです。また、草笛さんは「白髪の美しさ」を世に知らしめたことで話題になっている人でもあります。私の友人の美容院経営者から聞いたところ、最近では草笛さんの白髪を見て、ヘアダイを辞めて白髪に戻す女性が多いとか。何が流行るのか分かりませんね。近々始まる舞台の練習でソシャルダンスに挑む草笛さんの姿がテレビに映っていましたが、無駄のない動きはとても80代の人には見えませんでした。こ…

続きを読む

ピアノ

深夜、何とはなしにテレビのチャンネルを回していたら、一台のピアノにまつわるドキュメンタリーをやっていました。アメリカ、ロスアンゼルスのセントラル駅構内に、一台のアップライトのピアノが置いてあるのです。通りがかりの旅行客、通勤客、お近くにお住いの人たちなど、誰でもが自由に弾けるというピアノなのです。その様子を、定点カメラで撮っているのですが、これがなんとも面白く、興味深い人間の行動を映し出していました。ヨーロッパからの男性旅行者は、子供の頃にちょっと弾いたことがあるだけで、雨だれ式で鍵盤を打つ曲は、決して上手ではないのですが、これがなんとも趣があって見入ってしまいました。私としては、こんな下手な…

続きを読む

言葉の力

この夏は、未曽有の暑さと大型台風によって、日本全国で熱中症や豪雨などの被害が相次いでいます。北海道では地震による地すべりが発生し、テレビの報道番組ではなんとも心痛むニュースが連日取り上げられています。そんな中、つい先だって発生した西日本の豪雨で、車ごと濁流にのまれて亡くなった高校のバスケットボール部の男性コーチのことをニュースで取り上げていました。コーチの悲報後も、バスケ部の部員はいつもコーチが座っていた体育館の片隅に椅子を置いて、大会に向かって練習をしている姿が映し出されていました。部の主将を始めとする各部員たちは、日ごろからコーチに言われていた言葉を胸にがんばっているということでした。-「…

続きを読む

スポーツマンシップ

若いころにテニススクールに通っていたこともあって、8月の末から始まった全米オープンテニスは、テニスファンとして夏の大きな楽しみです。そして、そのオープンテニスが今、佳境に入っています。もちろん、日本の男女二人の選手の応援は当然ですが、それにしてもこの酷暑の中、時速100キロを越えるサーブを必死に追っかける選手の姿は、痛々しくさえあります。聞くところによると、気温が35度を超えるとコート上では、照り返しのために60度近い温度になるとか。まったくもって、最後は気力の勝負にならざるを得ない過酷な試合となっています。そのため、今年は熱中症予防対策として「ヒートポリシー」が設けられているのだそうです。そ…

続きを読む

ピアノコンサート

先日の日曜日は、あまりの暑さにクーラーのきいた部屋でテレビ三昧の1日となりました。何気なくチャンネルを回していると「鍵盤男子」というタイトルのピアノコンサートをやっていました。ピアノコンサートというと、有名なピアニストがピアノに向かって座り、厳かにクラッシックの名曲を奏でるというシーンが定番ですが…いやぁ~、びっくりしました!今どきのピアノコンサートって、こんなパフォ―マンスの世界なのだと認識が変わりました。あまり聞いたことのない(?)若手の男性ピアニストが2人、一台のピアノに向かって座って立ってと、動きながら連弾するというコンサートなのです。舞台は真ん中に一台のピアノが置いてあるだけのシンプ…

続きを読む

初めての方へ研修を探す講師紹介よくある質問会社案内お知らせお問い合わせサイトのご利用について個人情報保護方針

© FiveStars Academy Co., Ltd. All right reserved.