株式会社ファイブスターズ アカデミー

まずはお気軽に
お問い合わせください。

03-6812-9618

5☆s 講師ブログ

情報伝達

数週間前に、とある電化製品量販店とメーカーがタイアップして、 「トイレの内装工事が5時間で完了、さらにお値段格安」という 謳い文句の通販番組を見て、我が家のトイレの内装工事を依頼しました。 下見積もりまでは、トントンと事がすすみ、割に早く内装工事の 日程も決まり、いよいよ工事の当日となりましたが…。 ●第一トラブル: 下見積もりの際の営業担当者の確認ミスで、壁に内蔵された トイレットペーパーケースを外すと、壁に穴が開いており、 その穴をふさがないと壁紙が貼れないとのこと。 壁紙業者はこのことを事前に聞いていなかったため、 壁の補修材を持参せず、3時間ほど待って別…

続きを読む

新聞は消滅してしまうのか(1)

新聞は消滅してしまうのでしょうか? 今や情報は、インターネットで簡単に入手できる時代。 新聞というメディアは、果たして生き残ることができるのでしょうか。 ここ20年間の状況を見る限り、悲観的と言うしかありません。 まずは、全国の発行部数の推移から。 2000年に5,370万部だったのが、2020年には3,509万部まで落ち込みます。 20年間でなんと35%の減少。 1/3の世帯は新聞を取っていない計算になります。 朝夕刊のセットになるともっと悲惨で、減少幅は約60%。 スポーツ紙もほぼ同じ58%減。 今後も減少傾向が続くことが予想され、数量政策学者の…

続きを読む

すべては「人事」から始まった(2)

本当に、東條英機ひとりが悪者だったのでしょうか。 赤松の証言によれば、東條が何度も口にした言葉があるといいます。 「海軍が『ノー』と一言いえばよかったのに、それを言わないから戦争になった」 保阪はこの言葉を赤松だけでなく、複数の陸軍の要人たちから何度も何度も聞かされたと言います。 なんとも虫のいい話ですが、それにしてもなぜ海軍は「ノー」と言わなかったのでしょう。 それは、そんなことが言える「空気」ではなかったからです。 強硬な開戦論者だった東條が、先頭に立って旗を振ることで醸成した開戦の「空気」。 その「空気」には海軍どころか、作った東條英機本人でさえも、もはや抗うことが…

続きを読む

伝える力

今まで、セミナーや集合研修などで、多数「伝える力強化」を テーマに取り上げて実施してきました。 おしゃべりはできても、人前で自分の意見をしっかりと伝えるのは、 なかなか難しいものです。さらに、その難しさに輪をかけているのが、 今般の「オンライン化」であることは、誰もが納得するところですね。 また、最近では「伝える力」よりも「伝わらないこと」の弊害を 多くの人が強く感じているのではないでしょうか? 政府要人の「独りよがりな物言い」専門家・知識人と言われる人たちの 「難解な話」タレントなどの「言いたい放題」などなど…。 しかし、どの人も「何をどのように話したらよい…

続きを読む

すべては「人事」から始まった(1)

戦争は二度と起こしてはならない。 それは誰しも思うことですが、日本のマスメディアが唱える「戦争反対」は的外れだと思うのです。 なぜなら、「戦争による悲惨な記憶を風化させるな」と、感情に訴えるだけで、「なぜ戦争が起きたのか」、「どうすれば戦争を防止できたのか」という論理的な検証が全くなされていないからです。 「過ちは繰り返しませぬから」と心に誓えば、自動的に戦争が防止できるわけではありません。 私たちがしなければならないのは、なぜ止められなかったのかその原因を究明し、権力に暴走させないための制度的なシステムを構築することです。 今回は、『昭和の怪物七つの謎』という著書で、東條英機に…

続きを読む

話せばわかるは真っ赤なウソ(3)

犬養毅は、政治家の宿命として多くのマイナス面を持っていました。 1930年(昭和5年)4月、浜口雄幸内閣はロンドン海軍軍縮条約で、補助艦の保有総トン数の日米比率を10対6.975にすることで合意し調印します。 事前に議会の承認を得た上での調印でしたが、野党の政友会の犬養毅や鳩山一郎が、「軍令部の承認を経ずに国防計画に関する条約に調印するのは、天皇の持つ統帥権を犯しているではないか」と言いがかりをつけ、民政党政権を執拗に攻撃します。 このことが、結果として軍部に「統帥権干犯」という伝家の宝刀があることを知らせてしまったことは、犬養らの歴史的な罪と言っても過言ではありません。 政権…

続きを読む

話せばわかるは真っ赤なウソ(2)

道子の脳裏に蘇った遠い記憶。 それは未亡人となった「お祖母ちゃま」のために建てられた、麻布の隠居所に荷物を運んでいた時のことでした。 道子の父、すなわち犬養毅の息子の健が、荷物の中に「張学良の手紙」の書簡箋があることに気づきます。 犬養健は、戦後吉田内閣で法務大臣に就任しますが、収賄容疑による自由党幹事長佐藤栄作の逮捕を阻止するべく、指揮権を発動したことが原因で失脚してしまった不運の政治家。 父が手にした書簡箋に、ある文字が書かれていたことを道子は思い出したのです。 それは実に鮮明な記憶でした。 「純白のリネン布にも似た極上の西洋紙が、中央にくっきりとみごとな楷書体を盛り上…

続きを読む

話せばわかるは真っ赤なウソ(1)

歴史上語られていることには、しばしばウソが紛れています。 教科書にも掲載された犬養毅の名言、「話せばわかる」もそのひとつ。 犬養毅の孫である犬養道子の話によると、事実はかなり違っているようです。 11歳でこの事件に遭遇した道子は、この伝説について「母の証言うらづけはない」と自身の著書に記しています。 では、犬養毅は一体何と言ったのでしょう。 1932年(昭和7年)5月15日夕刻、首相官邸にピストルの音が響き渡ると同時に、護衛の巡査が崩れ落ちます。 世に言う「五・一五事件」の始まりです。 道子の母親は、かねてより懸念していた軍部の襲撃であることを察知し、庭に下りて逃げるよう…

続きを読む

日本語教(4)

かつて、鈴木孝夫がアメリカの大学で日本語を教えていた時のことです。 鈴木は、学生たちが非常に攻撃的な態度をとることに驚かされます。 私たち日本人は、外国の話を聞くと「そんな考え方もあるのか」とか、「私たちも見習った方がいい」といった感想を持つことが多いもの。 ところが、アメリカ人学生にはそのような態度は一切見られず、とにかく徹底的な日本批判、相手攻撃に終始したというのです。 アメリカでは、ソ連が人工衛星の打ち上げに成功したとたんに、大学でロシア語学習が一大ブームとなり、なんと月謝免除の措置まで取られました。 その後日本が高度成長期を迎え、日本車や日本製の家電がアメリカ中を席捲する…

続きを読む

日本語教(3)

日本語のもうひとつの弱点とは、音声面が非常に貧弱なことです。 どういうことかと言うと、単音節の種類が少ないことです。 単音節は、「V(母音)」と「C(子音)」の組合せで作られるのですが、日本語には2通りの組み合わせしかありません。 ひとつは「あ(A)」のように、「V(母音)」だけのもの。 もうひとつは「ま(MA)」のように、「C(子音)」に「V(母音)」がひとつつくタイプです。 日本語には、「V」か「CV」の2通りしかないのです。 ところが、英語の場合は「spin」という単語のように、「CCVC」という組み合わせも可能です。 このように、頭にCが2個連続でついたり、音…

続きを読む

初めての方へ研修を探す講師紹介よくある質問会社案内お知らせお問い合わせサイトのご利用について個人情報保護方針

© FiveStars Academy Co., Ltd. All right reserved.