株式会社ファイブスターズ アカデミー

まずはお気軽に
お問い合わせください。

03-3500-1686

5☆s 講師ブログ

アスペルガー的マネジメント

前回、サリーとアンの誤信念課題が解けないのは、
「人には心がある」ということを理解できないからだと書きました。

つまり、自分以外の他人にも、彼らなりにいろいろな考えがあるということが理解できないのです。

自閉症の人も同じです。
相手がどう思うかということを推測することが出来ないのです。
ですので、他人とコミュニケーションをとるのが非常に苦手なのです。

ただし、この問題は私たちにも当てはまります。
相手の気持ちや考えを推し量るのが苦手で、
自分の都合だけで決めてしまう強引な人って結構いますよね。

自閉症のように知能障害が伴うものは別として、そうではない程度の軽いものは、
「アスペルガー症候群」という名前が付けられています。
しかしこれも、自閉症との線引きが難しいので、
近い将来「自閉症スペクトラム」という名前に改称されるようです。

歴史に名を残すような発明家や芸術家、またノーベル賞をもらうような研究者には
自閉症スペクトラムの人が非常に多いのです。
コミュニケーションが苦手でも、自分の得意分野においては偉大な成果を残す、いわゆる「天才」です。

ところで、AQ(Autism Spectram Quotient)というチェックシートがあります。
あくまで目安でしかないのですが、自閉症スペクトラムかどうかを判定するものです。

50点満点ですが、自閉症の人でも50点になる人はいません。
自閉症スペクトラムの人の平均は、32点だそうです。
そして一般の人でも平均は16点もあるそうです。

24点以上で境界域、27点以上で自閉症スペクトラムの疑いありと診断されるそうですが、
どこからが自閉症とか、どこからがアスペルガー症候群とか、
その判断は非常に難しいのです。

もっと言えば、普段はスコアの低い人だって、
時と場合によっては、高いスコアになってしまうことだってよくあります。

私は最近思うのです。
成果主義が日本企業に導入されて以来、管理職の多くが、
部下の心がわからない「アスペルガー的なマネジメント」をするようになったのではないかと。

ちなみにこのAQですが、ネット検索で簡単に出てきましたので私もやってみました。
かなり高いスコアが出て、私が天才だってことがバレちゃったらどうしようかと
ドキドキしながら回答しましたが、結果はなんと11点と超ロースコア。

じぇじぇ! もしかして、凡人以下ってことですか?

初めての方へ研修を探す講師紹介よくある質問会社案内お知らせお問い合わせサイトのご利用について個人情報保護方針

© FiveStars Academy Co., Ltd. All right reserved.