株式会社ファイブスターズ アカデミー

まずはお気軽に
お問い合わせください。

03-3500-1686

5☆s 講師ブログ

笑顔細胞(1)

前回は、顔細胞のお話をしました。 今回は笑顔細胞です。

なぜ笑顔にだけ反応する細胞があるのでしょう?
実はよくわかっていませんが、これについてある仮説をご披露したいと思います。

その前に、サルからヒトに進化したお話からはじめましょう。
ヒトの起源については諸説ありますが、450万年~500万年前か、
だいたいそのあたりではないかと言われています。

今から450万年前に、安全な森を捨てて、危険なサバンナに出かけていった最初のサルが、
人類の祖先と言われているのです。
でも、彼はなぜ、そんな危険を冒したのでしょう?

現在の動物行動学の答えは、拍子抜けするほど簡単なものです。
それは「好奇心」だというのです。
なんと、好奇心こそが、サルからヒトへと進化させる最大のエンジンだったとは・・・・

ところで、遠くまで見渡せるサパンナでは、様々な敵に出会います。
特に、自分と似たような格好のヒトの祖先に出会ったときは、さぞ驚いたことでしょう。

こういう場合、とるべき行動は二つしかありません。
「戦うか、逃げるか」です。

この人間の反応を発表した学者は「fight or fiight」と表現しました。
ずいぶん洒落のわかる学者ですよね。

でもそれを翻訳した人も立派です。
「闘争か逃走か」と訳したのです。
なんだか座布団1枚あげたくなりますよね。

ちなみに最近では、「固まる」(freeze)という反応も加えて、「3つのF」と言ったりします。
さて、それはさておき、笑顔細胞の本題は次回で・・・

初めての方へ研修を探す講師紹介よくある質問会社案内お知らせお問い合わせサイトのご利用について個人情報保護方針

© FiveStars Academy Co., Ltd. All right reserved.