株式会社ファイブスターズ アカデミー

まずはお気軽に
お問い合わせください。

03-3500-1686

5☆s 講師ブログ

世間的には「偉人」でも(1)

野口英世と言えば、お札にも印刷されるくらいですから、世間では偉大な科学者と思われていますが、その実体はまったく違います。
野口が在籍したロックフェラー大学に留学した、福岡伸一の著書で私は真実を知りました。

最初に福岡が不思議に思ったのは、野口に関する記録が大学にほとんど残されていないことでした。
それはあたかも、かつて野口が在籍していた事実を隠すかのように。
その謎は、2004年の大学定期刊行広報誌を見つけたことで解き明かされます。

そこでは、野口はこんな風に紹介されていました。

「梅毒、ポリオ、狂犬病、黄熱病と言った野口英世の研究のほとんどは間違いであった」

なんということでしょう。
偉大な科学者どころか、まるでペテン師扱いではありませんか。
記事はこう続きます。

「一方、彼はヘヴィー・ドリンカーとして、またプレイボーイとして名を残した」

残念ながら、この記述は紛れもない事実です。
アメリカでは、野口のことを科学者だと思っている人はいないと言っても過言ではありません。

彼が病原菌として大々的に発表したもののほとんどは、完全に間違いでした。
STAP細胞どころの騒ぎではありません。
もっとも、細菌よりもずっと小さな「ウイルス」という物質がこの世に存在するなどとは、誰ひとり思っていない時代のことですから、無理もないと言えば無理もありません。

しかし、アメリカの近代基礎医学の父と言われた、サイモン・フレクスナーという大物が彼のパトロンとして君臨していたため、野口の研究に対する追試や反論が封じられたことは事実です。
その上、結婚詐欺まがいの行為を繰り返し、支援者を裏切り続けたこともまた事実でした。

間違いだらけの野口の研究は、果たして故意によるデータのねつ造だったのか、あるいは単なる錯誤だったのか。
今となっては知る由もありません。

人間の評価というのは、存命中には定まらないことが往々にしてあるもの。
特に科学の世界では、その学者が亡くなってから真実が解明されるケースも少なくありません。
でも、あまりに生前の評価が高すぎると、「偉人」というイメージだけが残ってしまうことがあります。

世間的には「偉人」でも、実際にはとんでもない人間だったというケースは他にもあります。

『舞姫』や『高瀬舟』の作品で知られる文豪森鴎外もそのひとりですが、森の場合は絶対に自身の誤りを認めなかったという点で、野口より悪質と言っていいでしょう。

初めての方へ研修を探す講師紹介よくある質問会社案内お知らせお問い合わせサイトのご利用について個人情報保護方針

© FiveStars Academy Co., Ltd. All right reserved.