株式会社ファイブスターズ アカデミー

まずはお気軽に
お問い合わせください。

03-3500-1686

5☆s 講師ブログ

できることをやる

ビジネスを展開する上で、常に順調な道はないのだと常々感じています。

順風満帆と思われる時でも、思わぬ伏兵に襲われ赤字転落という憂き目に
遭わないとも限りません。

特に研修業界は、「時間とコンテンツ」という見えない商品を
扱っているため、今回の新型コロナウィルスのような疾病騒ぎとなると、
どうにも手の打ちようがありません。

そこで、現在は原点に戻って「今、ここでできることをやる!」に
思い切って取り組んでいます。

社員全員の健康管理策として、人混みを極力避けるために時差出勤体制を
実践しています。

通常、時差と言えば30分程度のずれを想定しますが、ファイブの
時差出勤はそんなもんではございません!1時間以上の大幅な時差出勤を
個人の事情に合わせて設定しているのです。

そうすると、朝晩の通勤ラッシュの人混みがウソのような閑散とした中を
出社・退社することになり、社員一同気持ちの余裕も生まれているようです。

こういった施策も、実は経営という意味ではある種の「リスク」では
あります。多くの社員が早々に退社するのですから…。しかしそこは、
社員同士で譲り合いながら対応することとしていますが。

そんな時、思わずしてプロレス界の会社の新社長に就任した
ハロルド・J・メイ社長の力強いメッセージが耳に飛び込んできました。

海外進出、数々のイベントの成功を手にして彼は、

リスクを取らないと次のステップには進めない。
リスクを取るからこそ、自信になる、と。

どんなことも、リスクを避けて安全圏で行動していると
「やればよかった」との後悔に苛まれることはあっても、自信には
つながらないと感じました。

とにかく、国難と言われる今の日本の状況を恨めしく思うのではなく、
まさに「正しく恐れて、できることから思い切って取り組むしかない」
と思う今日この頃です。

初めての方へ研修を探す講師紹介よくある質問会社案内お知らせお問い合わせサイトのご利用について個人情報保護方針

© FiveStars Academy Co., Ltd. All right reserved.