株式会社ファイブスターズ アカデミー

まずはお気軽に
お問い合わせください。

03-3500-1686

5☆s 講師ブログ

モノ忘れは気から

年を取るとモノ忘れがひどくなるのは、脳細胞が死滅していくからだとよく聞きます。
本当でしょうか?

実は、加齢と共に脳細胞が減るというのはまったくのデタラメで、20代と80代の脳細胞の数はほぼ同じです。
ただし、脳の働きというのは細胞の数ではなく、細胞間を繋ぐシナプスの働きに左右されることがわかっています。
しかし、このシナプスについても、加齢と共に働きが衰えるという報告はほとんどなく、むしろ柔軟性が増すという報告さえあるほどです。

では、モノ忘れがひどくなる本当の原因は何でしょうか?
結論から言うと、「思い込み」です。
「病は気から」と言いますが、「モノ忘れも気から」なのです。

心理学界には『ザ・ジャーナルズ・オブ・ゲントロジー』という老年学の専門誌がありますが、2003年に掲載されたヘスらのユニークな論文があります。
まず、被験者として高齢者と若者を、それぞれ48名ずつ集めます。
平均年齢は70.8歳と19.3歳。

彼らをそれぞれA、B、Cの3つのグループに分け、AとBにはニセの新聞記事を読ませます。
ただし記事の内容は違っていて、Aは「年を取ると記憶力が落ちる」というネガティブなもので、Bは全く逆の「加齢でもおおよその認知機能は低下しない」というポジティブなもの。
Cグループは対照群なので、何の情報も与えません。

次に、全員に記憶テストを行います。
30個の単語リストを提示した後、正しく報告できたのは何個かを調べたのですが、実に意外な結果となりました。

まずは、情報を与えなかったCグループを見てみましょう。
若者の正答率が61%だったのに対し、高齢者は56%。高齢者も結構健闘していますよね。
これが基準となります。

次にBの、加齢に関してポジティブな印象を形成したグループを見てみましょう。
若者の正答率は同じく61%ですが、高齢者は58%に上がりました。
差がグッと縮まったわけです。

最後に問題のA、ネガティブ印象のグループです。
若者が59%と高い成績だったのに、高齢者は44%まで下がってしまいました。
たまたまAグループに、ボケ老人が多く集まっていたわけではありません。
テスト前に読んだネガティブな記事が、マイナスの影響をもたらしていたのです。

後に追試も行われましたが、ほぼ同じ結果が得られました。

思い込みって本当に怖いですね。
私たちも、「高齢者なのだから、覚えられなくてもしょうがない」と思いこんでいる節は確かにあります。
このように、なんとなく信じている誤った常識が、行動に大きな影響を与えてしまうことは結構多いのです。

アメリカでは、「白人は知性に長けていて、黒人は身体能力に長けている」というイメージが、いかんともしがたく存在しているそうです。
これに関する、アリゾナ大学のストーンらが1999年に発表した研究があります。

黒人と白人をそれぞれ40人ずつ集めて、あるグループには「ゴルフは身体能力が強く反映されるスポーツ」という印象を、もう一方のグループには「ゴルフは高度に知的なスポーツ」という印象を植え付けます。
その後で実際にゴルフのプレーをすると、身体能力の印象を与えられたグループでは黒人の、知的印象のグループでは白人の、パフォーマンスがそれぞれ上がったというのです。

こうなると、思い込みは社会問題にも関係してきそうです。
特にその内容が、世間でよく耳にするようなものであるなら、思い込みの影響力はますます強まってしまうでしょう。
今後は、高齢者は肝に銘じるべきです。
「年だからモノ忘れがひどい」などという言い訳は通用しないということを。

でも、不思議に思うことがひとつあります。
高齢者は記憶力には自信がないくせに、なぜ車の運転に関しては自信満々なのでしょう。
たとえ大事故には至らなくても、高齢者の運転はミスがとても多いということが、世間で常識のように語られる時代が来たら、免許を自主的に返納する高齢者が増えるのではないでしょうか。

ヘスの実験では記憶テストでしたが、代わりに運転テストでやってみたら、「高齢者は運転ミスが多い」というのが単なる思いこみなのか、あるいは本当に運転がヘタなのか、白黒がはっきりするように思うのですが・・・。
誰か取り組んでくれる心理学者はいないのでしょうか。

初めての方へ研修を探す講師紹介よくある質問会社案内お知らせお問い合わせサイトのご利用について個人情報保護方針

© FiveStars Academy Co., Ltd. All right reserved.