株式会社ファイブスターズ アカデミー

まずはお気軽に
お問い合わせください。

03-3500-1686

5☆s 講師ブログ

それでも社長に(1)

日経新聞の『私の履歴書』は、つまらないと思うのです。

特にビジネスパーソンが執筆する月は、結局のところ如何にして大会社のトップに上り詰めたか、という自慢話のオンパレード。
たまに描かれる失敗談もあまりにレベルが高すぎて、私たち凡人が共感できるものはほとんどありません。
しかも、自分で書いた「出世物語」ですから、どこまで本当の話かもわかったものではありません。
歴史書だって、すべて戦いに勝った側が綴った物語なので、都合のいいように脚色されているのは周知の事実。
恥ずかしい話でも赤裸々に告白していたのは、ニトリの社長くらいでしょうか。

日経新聞は経済界の太鼓持ちみたいな存在ですから、やむを得ない部分は確かにありますが、2008年に『私の課長時代』という連載を試みたことがあります。
大企業のトップが、課長時代にやらかした失敗談を取材して、記事にしてしまおうという企画です。
そんな取材に応じるトップがいるのかと思いきや、次々と面白い話が披露されて大人気を博しました。
後に40人の失敗談が一冊にまとめられ、『それでも社長になりました』という文庫本になっただけでなく、続編も企画されました。

その失敗の武勇伝の中から、一部ご紹介しましょう。
ある商社のトップは、人事課長時代に役員や取引先からの紹介による採用、いわゆる「縁故採用」を原則廃止するという方針を打ち出しました。
しかし当時は、「ウチの娘を採用してくれればこれだけ取引を増やしてやる」といった慣行が当たり前の時代。
英断を下した背景には、一般応募の学生と横並びで試験を受けさせると、歴然とした差がついてしまうという事情がありました。
もちろん、血相を変えて怒鳴り込んでくる役員もいましたが、現場の判断でやっていることなので、わざわざ社長にまでは報告していませんでした。

ところが、秘書部経由で社長からの紹介状が10数名分舞い込みます。
この人事課長は毅然とした態度で、その全員を落としてしまいます。
腹の虫がおさまらない社長は、会議の席で「君らの採用方針はおかしい」と課長に噛みつきます。
負けじと「縁故学生はレベルが低いのです」と反論したら、「君は何様のつもりだ!」と大激怒。
慌てて周りが止めに入りましたが、この時激怒した社長はただ者ではありません。
なにせ、後に日銀総裁になった人物ですから・・・。
逆の見方をすれば、その程度の人間が日銀総裁をやっていたということでもあります。

意外なことに、その日銀にも“侍”はいました。
消費者金融の多重債務が社会問題になった頃、日銀の職員の中にもローンでクビが回らなくなったり、自殺する者が現れました。
担当の常務理事から呼び出された総務課長は、部屋に入るなり「なぜ不祥事が止まらないんだ。なんとかしろ!」と怒鳴りつけられます。
課長が「起こってしまうものはどうしようもありません」と答えると、頭に血が上った常務理事は「じゃあ、お前の仕事は一体何だ?」と物凄い形相で睨みつけます。
その時、総務課長が返した言葉が凄い。

「あなたに『どうしようもない』と伝えるのが仕事だ」
この課長は、後に某コンビニが銀行業務に進出する際、トップとしてヘッドハンティングされました。
怒鳴りつければ部下が何とかするだろうというのは、まさに“昭和のマネジメント”。
でも、上司から怒鳴られようが脅されようが、自分の出世を一顧だにせず、信念を貫き通した課長たちがこの時代にはいたのです。

一方で、忘れてならないのは、こんな“侍”をキチンと観てくれている上司がいたという事実です。
しかし、“侍”がよき理解者に出会うまでは時間がかかるもの。
そのため、上司の顔色ばかり窺っている「風見鶏」に比べると、どうしても出世のスピードは遅れがちです。
次回は、出世レースで大きく遅れをとったのに、最後はちゃんと社長に上り詰めたサラリーマンの話です。

初めての方へ研修を探す講師紹介よくある質問会社案内お知らせお問い合わせサイトのご利用について個人情報保護方針

© FiveStars Academy Co., Ltd. All right reserved.