株式会社ファイブスターズ アカデミー

まずはお気軽に
お問い合わせください。

03-3500-1686

5☆s 講師ブログ

優秀な管理職

「優秀な管理職」とは、どんな人を言うのでしょう。

先頭に立ってチームを牽引し、目覚ましい成果を出しているマネージャー。
憧れますよね。

でも、もしそのマネージャーが病気などで不在になってしまったら、チームは一体どうなるのでしょう。
以前と同じように、高い成果を出し続けることができるでしょうか。
「いや、優秀な管理職ならば自分の健康管理もしっかりやっているはずだ」という声もあるでしょう。

では、そのマネージャーが別の組織に異動したらどうでしょう。
そう考えると、管理職が八面六臂の大活躍をしているチームというのは、組織として見ると案外脆いと言えるかもしれませんね。

経営学では、管理職が不在でも、キチンと回っている組織がベストと考えます。
管理職が大活躍している組織はダメなのです。

なぜなら、それはあくまで「個人」のパワーであり、「組織」のパワーではないからです。
企業にとって最も重要なことは、成果を出すためのノウハウや知見が、「個人」ではなく「組織」に蓄積されることです。
だから、ノウハウや知見が管理職個人に蓄積されているのは、非常に危険な状態です。

ところが現実を見ると、「個人」だろうが「組織」だろうが、とにかく成果を出せばOKというスタンスの会社のなんと多いことか。
数値目標さえ達成すれば、プロセスなどどうでもいいと言わんばかりです。
毎年この繰り返し。
永遠に続く、個人プレーによる自転車操業。
これでいいのでしょうか。

トヨタでは、究極の改善とは自分の仕事をなくすことだと考えます。
管理職が八面六臂の大活躍をしているのは、「管理職失格」です。
でも、現実問題として、一体どうすれば管理職の仕事をなくせるのでしょうか。

それにはまず、仕事を考える視点そのものを変える必要があります。
自分の担当職務を中心に考えるのではなく、チームの全体像を俯瞰して眺めるのです。
あなたがどんなに重要な仕事を担っていたとしても、所詮は全体の中の一部に過ぎません。
まず、そのことを認識しましょう。

次に、チームとして出すべき成果は何かを考えます。
そして、その成果を出すためには、チームがどのように機能すれば最適かを考えるのです。

要するに、自分の存在を過大評価するのではなく、逆に限りなく矮小化することから始めるのです。
このことをちょっと難しい言葉で表現すると、「部分最適」ではなく「全体最適」と言います。

このように、高い視点から全体像を捉えることは、経営者の視点を養うことでもあります。
「理屈は解るが、俺が抜けたら組織の目標は達成できないぞ」と言うあなた、一生プレイング・マネージャーを続けるつもりですか?

初めての方へ研修を探す講師紹介よくある質問会社案内お知らせお問い合わせサイトのご利用について個人情報保護方針

© FiveStars Academy Co., Ltd. All right reserved.