株式会社ファイブスターズ アカデミー

まずはお気軽に
お問い合わせください。

03-3500-1686

5☆s 講師ブログ

恐竜の時代はもっと温暖化

前回、三大丸山遺跡のころは、現在よりもっと温暖化だったと話しました。
今回は、もっと太古に遡ってみましょう。

今からだいたい1億5000万年前くらいの中生代白亜紀の頃、
CO2の量は今の5倍~10倍ぐらいあったそうです。
気温もおそらく、現在より平均6℃ほど高かったと言われています。

その頃、地球はどんなに大変なことになっていたのでしょうか。
白亜紀と言えば、巨大な恐竜がうろうろしていた頃です。

ということは、その食料となる植物なども豊富にあったと考えられます。
なぜなら、CO2濃度が高く、しかも気温が高ければ、植物は早く成長すると
考えられるからです。

逆に言えば、CO2が増えて地球が温暖化すると、
農産物の収穫量がどんどん増えるということになります。

温暖化によって植物がよく育ち、その結果地球上で生きられる生物が増えるなら
こんないいことはないのではないでしょうか。

しかも、温暖化で北の地域でも様々な植物が栽培できるようになれば、
人類にとってとても有益なことがあります。

それは、将来人類にとってもっとも深刻な問題になると思われるのは、
地球環境の問題ではなく、食料問題だからです。
次回は、環境問題よりもっと深刻な人口問題を考えて見ましょう。

初めての方へ研修を探す講師紹介よくある質問会社案内お知らせお問い合わせサイトのご利用について個人情報保護方針

© FiveStars Academy Co., Ltd. All right reserved.