株式会社ファイブスターズ アカデミー

まずはお気軽に
お問い合わせください。

03-3500-1686

研修を探す

インバスケット研修

インバスケット演習を通して、発生する諸問題を解決する基本的マネジメント手法を学ぶ

研修効果

・職場の問題点を見過ごさず対応することができる

・グループ討議の意見交換を通して、自己のマネジメントの見直しができる

・PAC 手法を使い、自職場の目標を設定できる

対象 全社員
日数 2日間コース

カリキュラム

時間 1日目 インバスケット研修 研修カリキュラム
9 00 ◇オリエンテーション

  • 導入レクチャー

 

1.インバスケットマネジメント(1)~職場の問題点

—6W2Hによる疑問の出し方
—インバスケット演習に関する疑問を出す
・問題とは何か? ~問題には色々あることを認識する
・私の職場の問題点 ~自分の職場に当てはめて考える
—相手の課題解決を忘れないこと
—重複・漏れ・ずれを防ぐ
—職場の問題をミッシーでまとめる
—問題のまとめ作業
—ロジックツリー/WHY のロジックツリー
—発表と意見交換

 

2.インバスケットマネジメント(2)~インバスケット演習

  • 個人研究~課題に対する個人の見解をまとめる
  • グループ研究~グループとして検討する

 

17 00 終了

 

時間 2日目 インバスケット研修 研修カリキュラム
9 00
<前日のつづき>

・グループ発表 ~グループでの検討結果を発表する

・他グループの発表を確認する

・他の案件の解説

・自分自身の振り返り

 

3.インバスケットマネジメント(3)~PAC(自職場の目標)

・PAC*の5つのステップ
—ステップ1:Action(行動にフォーカス)~個人研究/グループ研究
—ステップ2:Reality(現実を受け入れる)~あなたの現実を整理する
—ステップ3:Purpose(目的を認識する)~人生のねらい/目的をみつける
—ステップ4:Effort(努力を注ぐ)~努力の検討
—ステップ5:Thanks(周囲に感謝する)~個人研究
・自職場の目標設定
—目標設定とは?
—作成作業(個人作業/グループ研究)
・発表と意見交換
*PAC:オーストラリアの心理学者  ジョセフ・ ヒノーラ氏が開発したキャリア目標達成の手法

 

17 00 終了

 

受講者の感想

・今までの自分の業務対応が、いかにルーズだったかが分かった

・演習を通して、自分の職場の問題点だけでなく、自分の中の問題まで見えてきた

・インバスケットを活用した自分振り返り演習は、とても実践的だったのですぐに活かせると思った

関連する研修

初めての方へ研修を探す講師紹介よくある質問会社案内お知らせお問い合わせサイトのご利用について個人情報保護方針

© FiveStars Academy Co., Ltd. All right reserved.