株式会社ファイブスターズ アカデミー

まずはお気軽に
お問い合わせください。

03-3500-1686

5☆s 講師ブログ

とらえ方

 

ファイブのマインド研修では、「事実は変えられないが受け取り方は
変えられる」という視点で、プラス転換トレーニングを取り入れています。

同じ事態や情報に対する解釈の違いから、日常のトラブルが発生する
ことはよくあることです。このような解釈の違いのプロセスを
精神医学では「認知」と呼んでいます。つまりは、「とらえ方」という
ことですね。

私達は、日々の出来事を自分の五感で察知して、記憶の器官である脳に
データー蓄積するのですが、その際にその人がそれまでに経験したことを
基に認知機能が働いて、その人ならではの考え方が構成されるようです。

となると、物事が上手くいかない時に「上手くやれない自分は、駄目な
人間だ。負け犬だ。」という思考パターンを持っていると、「失敗」を
認知する際に「マイナス思考」が影響し、ことさらストレスや
プレッシャーを多く受けるということになります。

それとは反対に、知らぬうちに身についた思考の悪いクセに気づいて
修正し、どのような事に対しても「前向きに、ポジティブに」考えられる
「プラス思考」を身につけると、考え方や行動が自ずと積極的になる
というのは、分かる気がしますね。

数学者の藤原正彦先生が研究者の4条件として
①好奇心旺盛であること
②執拗であること
③野心があること
④楽観的であること

と取り上げていて(日経新聞より)、いずれも質の高い「認知」に
つながるとのことです。

どのようなことでも、自分の小さい時から培われた「知覚特性」が
大きく影響することは、「まちがいない!」ですね。

30歳の誕生日をン十回迎えた私としては、もう遅い?!
いやいや、そこは持ち前の「プラス思考」で、
「今さら」の「さ」を「か」に変えて、まだまだ「今から」です!

初めての方へ研修を探す講師紹介よくある質問会社案内お知らせお問い合わせサイトのご利用について個人情報保護方針

© FiveStars Academy Co., Ltd. All right reserved.