株式会社ファイブスターズ アカデミー

まずはお気軽に
お問い合わせください。

03-3500-1686

5☆s 講師ブログ

世代力(1)

イメージングディレクターで有名な高橋みどりさん
新聞に書いていらっしゃいました。
「20代のころは仕事は自分一人でやっているものだという意識が強く、
なぜ周りは分かってくれないのか?と嘆くこと、ぼやくことが多かった」と。
しかし、「30代になって仕事が忙しくなってくると、ふと、仕事ができると
思っていたのは自分だけ。そう思いこんでいただけだった」とも書いていらっしゃいます。

さらに、「大きな仕事を任されてくると、自分一人ではできないことが多く見えてきて、
手伝ってくれる人をブレーンとして近くに持とうと努力するようになった」
とのこと。これは「同僚・部下であったり、社外などにいる人たちで、
自分の能力を補完してくれる大切な人たちということ」だそうです。

30代で学んだことが今の仕事のスタイルや自信に繋がっているということでした。

高橋さんはこうやってバーニーズ ニューヨーク日本進出一号店を歯切りに
ジョルジオアルマーニ ジャパンで活躍されたキャリアウーマンです。

高橋さんとは比較にはなりませんが、高橋さんの話を聞いて私自身も
自分の20代、30代、40代・・・と世代で力をつけたことが、それぞれ世代力となって、
今の自分を形成しているように思います。

20代はスペイン語科を卒業して、大手建設機械会社に勤務したものの
職場からは「態度が生意気」ということでかなりの反発を受けました。
時は「女子大生亡国論」華やかりしころの女子大卒の哀れな状況です。
本当にこのころは「こんなにがんばっている私をなぜ、周りは認めてくれないのか?」
と思い、自分から辞表を突きつけて退職しました。
その後、イギリス系の航空会社に就職して、ここでは、なれないながらも
自分らしく仕事ができて楽しい時期でもありました。

30代はほとんど、専業主婦でした。でも、これとて、お正月のおせち料理は
懐石料理の本格派でしたし、子どものおやつは手作りケーキ、パンは
自家製と徹底した完璧主婦をしていましたがあまり長くは続きませんでした。
だって、主婦ってエンドレスなんですもの。途中でがっくり疲れてしまいました。
そのため、途中からは上手に主婦業の手抜きがはじまり、自分のための
カルチャーセンター通いが始まりました。

40代これこそ、自分が「働く女性として」目覚めた時期でした。
・・・・これは明日につづきを書きますね。お楽しみに。

初めての方へ研修を探す講師紹介よくある質問会社案内お知らせお問い合わせサイトのご利用について個人情報保護方針

© FiveStars Academy Co., Ltd. All right reserved.