株式会社ファイブスターズ アカデミー

まずはお気軽に
お問い合わせください。

03-3500-1686

5☆s 講師ブログ

年の終わりに

今年1年間、心理学のお話にお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

思えばこのブログも、昨年の2012年は経済の話でした。
MV=PTという素朴な貨幣数量説を基に、日銀の姿勢を相当鋭く批判しました。

しかし、どうせ何を書いても世の中変わりはしないと、
絶望的な気持ちでシリーズを終えようとしたまさにその時、劇的な変化が起こりました。

安倍総理が誕生し、なんとなんと日銀副総裁に岩田規久男氏が就任するという
日銀にとっては、天地がひっくり返るような事態が起きたのです。
なにせ、日銀にとっては「地球上で最大の天敵」が、上司として赴任したのですから。

岩田氏は、それまで日銀の権威に対して一切妥協することなく信念を貫いてきた人です。
しかも日本では、誰が見ても最高レベルの経済知識と見識を持っている人です。

経済学をよく知らない経済学者(意外なほど多い)や、あるいはまったく知らない芸能人が、
経済知識に関する資格審査のないメディア上で、好き勝手な意見を発言したとしても、
最後には、本当に正しいことだけが生き残るということです。

また、その前年の2011年6月からの半年間は、地球温暖化の話でした。
CO2の増加による地球温暖化説には、科学的根拠がほとんどないことを書きました。
そして最後は、スベンスマークの説を紹介しながら、
太陽活動の不活発化による地球寒冷化に話題が及びました。

最近、ようやく、太陽活動がかなり低下していることが、
メデイアでも取り上げられ始めました。

地球は、北極がN極、南極がS極(正確には磁石のN極が北に引き寄せられるということは北極はS極)と
それぞれ磁気を帯びていますが
太陽の場合は、通常11年周期でN極とS極が入れ替わります。
なぜこのようなことが起こるのかは、まったくわかっていません。

しかし、現在の太陽はもっと変なのです。
北極と南極がN極で、赤道付近にS極が2つ存在するという、なんと4極状態なのです。

このことが、太陽活動をますます不活発にし、
地球の寒冷化に拍車がかかるのではないかという物理学者はたくさんいます。

私が、2011年、2012年のブログを通じて得た教訓はこうです。
「それでも地球は回っている」

どんなに混迷の時代でも、真実はひとつしかないはずです。
ですので、根拠のない意見を唱える多数派に巻き込まれることなく、
愚直に自分の信念を主張し続けることが大切であると、あらためて感じました。

本当に長い間ご愛読いただき、ありがとうございました。

日本で最もクオリティの高いブログを目指して、
週に1回のペースで書いてきましたが、今後は不定期とします。

ちなみに、過去のブログで一体どんなことを書いていたのか、
おおよそのガイドをまとめてみました。
ご興味のある分野が連載されていた頃がありましたら、ぜひクリツクしてみて下さい。

私のお勧めは、脳機能と遺伝子です。
脳機能については、世界のトップ研究者の報告が目白押しです。
少なくとも、テレビによく出てくるような俗説は一切扱っていません。

また遺伝子については、内容的にはぐっと砕けて「浮気遺伝子」や「IQ遺伝子」「酒好き遺伝子」など
興味を引くものばかり取り揃えました。
もちろん、科学的にキチンとした根拠のあるものばかりです。

・2006.9~2009.4  ⇒ 経済関係
・2009.5~2009.9  ⇒ 遺伝子、脳機能
・2009.10~2011.2 ⇒ 脳機能
・2011.3~2012.5  ⇒ 経済関係
・2012.6~2012.12 ⇒ CO2による地球温暖化はウソ
・2013.1~2013.12 ⇒ 心理学

来年は消費税率アップがありますので、4月以降は地獄のように悲惨な年になると思います。
しかし、どんな時でも笑顔を忘れずに、乗り切りたいと思います。
脳機能のところで書いていますが、まずはじめに「笑顔」であることが
状況を改善する始まりとなるからです。

ではみなさん、よいお年を。

初めての方へ研修を探す講師紹介よくある質問会社案内お知らせお問い合わせサイトのご利用について個人情報保護方針

© FiveStars Academy Co., Ltd. All right reserved.