株式会社ファイブスターズ アカデミー

まずはお気軽に
お問い合わせください。

03-3500-1686

5☆s 講師ブログ

カタルシス効果

あなたの彼女が、仕事のことで大きな悩みを抱えています。
久しぶりに会ったら、あれやこれやとその問題を話してきました。

ここでひとつ、気の利いたアドバイスでも・・・なんて思ってはいけません。

男はすぐに左脳で問題を分析し、対策を見つけようとする傾向があります。
しかし、この場合もっとも有効な対処法は、解決策を見つけることではありません。

こんな時は「あー、そうなんだ」「うーん、それは大変だね」などと
感情のこもった表情をしながら、調子を合わせるに限ります。

えっ? 無責任だって?
いいえ違います。

これこそ、カタルシス効果なのです。
人は悩みを打ち明けた時、それを聞いてくれるだけで心が浄化、すなわちカタルシスされるのです。

カウンセリングの世界では、ロジャースの来談者中心療法といって、
クライアントの話す内容を、「なるほど、あなたはそう思うんだね」と
そのまま認めてあげる手法が主流です。

ある心理学会のことです。
来談者中心療法についての発表者が壇上に立ちました。

しかし、彼はずっと沈黙したまま。
一向に話し始める気配はありません。

しびれを切らした参加者が「いつ、始まるんだ」と声をあげました。
すると発表者はおもむろに口を開き、こう言ったのです。
「あなたはそう思うんですね」

これが、来談者中心療法の正しいカウンセリングスキルです。
ただし、学会での発表スキルとしては正しくありません。

人は、悩みを打ち明けた時、黙って聞いてくれるだけで満足するのです。
ですので、ヘタなアドバイスはかえって逆効果。
ここは聞き役に徹してみましょう。
彼女の信頼を勝ちえることまちがいなし!

ただし、ビシネスでは気を付けてください。
課長が「頼んだ仕事はどこまで進んだ?」と聞いているのに、
「なるほど、課長はそう思うんですね」なんて言ってたら、とんでもないことになりますから。

初めての方へ研修を探す講師紹介よくある質問会社案内お知らせお問い合わせサイトのご利用について個人情報保護方針

© FiveStars Academy Co., Ltd. All right reserved.