株式会社ファイブスターズ アカデミー

まずはお気軽にお問い合わせください。03-3500-1686

講師ブログ

延長12回ウラ(3)

松波晴人が紹介してくれた二人のチャレンジャーの箴言は以下のものです。

まず初めは、アインシュタイン。

「一度も失敗をしたことがない人は、何も新しいことにチャレンジしたことがない人だ」

次は、1994年のサッカー・ワールドカップでPKを外し、ファンの猛烈な批判にさらされたイタリアのロベルト・バッジョ。
「PKを外すことができるのは、PKを蹴る勇気をもった者だけだ」

ビジネスにおいては、失敗する確率の方が高いのです。
それでもチャレンジし続ける勇気はありますか?
また、それを「よし」とする風土があなたの会社にはありますか?

かつての日本企業は、チャレンジ精神に溢れていました。
しかし、今はどうでしょう?

アイロボット社の『ルンバ』は大ヒットしましたが、実はこの「ロボット掃除機」というアイデアを最初に考えたのは、日本のメーカーだったそうです。
しかし、そのアイデアは上司によってあっさり却下されます。

理由は仏壇でした。
「もしロボット掃除機が仏壇にぶつかってろうそくが倒れ、それが原因で火事になったらどう責任を取るつもりだ!!」

そもそも、この商品がメイン・ターゲットとする都会のマンション暮らしの共働きの夫婦で、仏壇のある家庭は何パーセントくらいあるのでしょう。
その上、ロボット掃除機をつけたまま、ろうそくの火を消し忘れてうっかり外出してしまう確率はどのくらいでしょう。
確かに可能性としてはゼロではありませんが、注意喚起の大きなビラを製品の箱に同封したりすることで、そのリスクをとることはできなかったのでしょうか。

部下のアイデアをぶっ潰した上司は、会社に対して何の損失も与えなかったという意味では、安全策の代表選手と言えましょう。
反面、大きな利益のチャンスを逃してしまいましたが、それでも評価されてしまうのが日本の人事制度の不思議なところ。
加点のチャンスを逃すことより、減点されないことの方が大事なのです。

だから、企業が空前の利益を出してもほとんど研究開発費には回されず、全額内部留保されてしまうのです。
日本の国家予算が100兆円規模なのに、企業の内部留保の総額は400兆円を超えています。
安全策を取り続けた結果、ビジネスの最前線ではどんなことが起こっているのでしょうか。

パソコンのOSはウィンドウズかマック、検索はグーグル、スマホはアイフォン、買い物はアマゾン。
フェイスブックにインスタグラム、そしてツイッターにライン。
日本発のものなんて何一つないではありませんか!

世界に冠たる「技術大国ニッポン」は、一体どこに行ってしまったのでしょうか?
世界を驚愕させるような新製品を次々と世に送り出していたチャレンジ精神は、跡形もなく消え去ってしまったというのでしょうか?
私見ですが、日本企業の体質をすっかり変えてしまったのは、途方もなく長く続いたデフレだったのかもしれません。

同点で迎えた12回ウラ、2アウト満塁。
安全策の「待て」のサインを選択し、打者が一度もバットを振らずに見逃し三振しても、リスクを取らなかったとして高く評価してきた結果がこれなのです。

でも、今日の試合に負けなかったからと喜んでいると、いつの間にか「勝たなくてもいい」という思想が蔓延するチームが出来上がってしまい、気がついた時にはペナントレースの最下位になっていることだってあるのですよ。

延長12回ウラ(2)

狩野の空振りで、「振るなよ」という空気が球場を覆い尽くしますが、この時テレビ中継の解説を務めていた星野仙一の見解は、ちょっと違っていました。

星野は、最初のストライクを振っていけるかどうかがポイントだと考えていました。

そして、狩野が初球を空振りするのを見届けると
「振ったからいいですよね。思い切って振りましたからチャンスはありますよ」
と、球場のムードとは真逆のことを言い始めます。

はたして星野の言葉どおり、狩野は豊田の2球目をバット一閃。
快音を残し、糸を引くようなライナーがサードの頭上を越え、レフト線のフェアグラウンドでワンバウンドします。
プロ入り初ヒットがサヨナラ打。
狩野にとっては、生涯忘れられない一打となりました。

しかし、チャレンジの「打て」と、安全策の「待て」のどちらが正しいかは、簡単に結論づけられるものではありません。
この時はたまたま結果が出ましたが、「待て」が正解の時もあるでしょう。
シングルヒットと四球の確率がほぼ同じなのですから、「待て」のサインが出ていたら、狩野は粘って四球を選んでいたかもしれません。

ただ、もしそうなっていたら翌日の狩野のスタメン起用もなかったし、その試合での初ホームランも生まれなかったでしょう。
ましてや、一度は掴んだレギュラー・キャッチャーの座をメジャー帰りの城島健司に奪われ、それでもなんとかして試合に出たいと外野手に挑んだ不屈の精神や、後に選手会長を務めるほどの人望も身につけることはできなかったでしょう。

チャレンジが正しかったかどうかというのは、その時の結果だけで判断されるべきものではありません。
たとえ結果が失敗だったとしても、チャレンジは人の成長をもたらしてくれます。

この話題を提供してくれた大阪ガス行動観察研究所の松波晴人は、二人の偉大なチャレンジャーの箴言もあわせて紹介しています。

延長12回ウラ(1)

同点で迎えた延長12回のウラ、2アウトながら満塁の大チャンス。

日本のプロ野球では延長は12回までと決められていますから、後攻めのチームにもう負けはありません。
最悪でも引き分け。

最後のバッターにヒットが出ればサヨナラ勝ちですが、たとえヒットが出なくても四球を選べば勝利です。
ところが、悪いことに打順はピッチャーに回ってしまいました。

この時、代打要因としてベンチに残っていた野手は、プロ入りしてから一本もヒットを打っていない控えのキャッチャーただひとり。
出場回数が極端に少ないこの選手には、難易度の高いサインではなく、極めてシンプルなサインを出す必要があります。

もしあなたが監督だったら、ヒット狙いで「打て」のサインにチャレンジしますか。
それとも四球狙いの「待て」のサインで安全策をとりますか。

ちなみに、以前放送されたNHK・BS1の『球辞苑』という番組で、満塁の時にどんな形で点が入ったかについて、前年のプロ野球セ・パ両リーグの膨大なデータを分析していましたが、意外なことにシングルヒットと四球の確率はほぼ同じでした。

さあ、二者択一のケースで両者の確率が同じくらいなら、あなたは「打て」のサインを出しますか?
それとも「待て」のサインを出しますか?

2007年4月20日の甲子園球場は、巨人対阪神の伝統の一戦に沸き返っていました。
1対1の緊迫した試合は12回の表に大きく動き、なんと巨人が大量3点を奪って阪神ファンを絶望の淵に追い詰めます。

ところが、粘る阪神はそのウラ猛打で追いつき、2アウト1塁、2塁のチャンスを迎えました。
ここで巨人は敬遠策をとり、あえて満塁にして打順をピッチャーに回します。

この時、ベンチに残っていた唯一の野手は狩野恵輔でした。
プロ入り7年目ながら、今まで一軍で一本もヒットを打っていない万年控え捕手です。
背番号は99。

前の年はたった2回しか打席に立っていない狩野にとって、代打となれば今シーズンの初打席。
この時監督の岡田彰布は、果敢にも「打て」のサインで狩野を送り出したのでした。

バッターボックスに向かう万年控え捕手は、緊張の極みにありました。
まるで、上半身が固まってしまったかのようなぎこちない動きを見て、阪神ファンの不安が高まります。

それでも狩野は、あえてその緊張を振り払うかのように、巨人の抑えのエース豊田清が投じた初球を狙ってスウィングしますが、ボールはワンバウンドしそうなほど低いフォーク。
バットは虚しく空を切っただけでした。
思わず、球場のあちこちからため息が漏れます。

すかさず、スタンドからは辛辣なヤジが飛びました。
「打たれへんのやったら、黙って立っとけ!」
たしかにその気持ちはわかります。

このヤジをきっかけに、「振るなよ、振るなよ」という空気が球場全体を覆い始めました。
「頼む!振らないでくれ!」
5万を超える阪神ファンの、願いにも似た熱い視線が打席の狩野に集まる中、マウンド上の豊田はおもむろに第2球のモーションに入りました。

頭のよくなる字体

2016年8月の『頭のよくなる薬』の回でリタリンという薬を紹介しましたが、これは結構な劇薬なので簡単に処方してもらえるものではありません。

また、青魚に含まれる不飽和脂肪酸がいいらしいという話もしましたが、あくまで遺伝子に作用するのではないかという推論でしかなく、具体的な結果が得られたわけではありませんでした。

でも今回は、「これをすれば必ず頭がよくなる」ことが、統計数字によって証明された画期的なお話です。

2011年に『コグニション』に掲載されたディアマンド・ヤーマンとオッペンハイマーらの論文は、なんと「読みにくいフォントの文章を読むと暗記力がアップする」というもの。

彼らは、被験者にエイリアンの特徴を書いた文章を読ませた後で、その内容をどれだけ覚えているかテストしてみました。
すると、読みやすいフォントの文章を読ませたグループの正答率が72.8%だったのに対して、読みにくいフォントのグループの方は86.5%。

これはかなりの差です。
さらには、220人の高校生を対象にした実験でも、読みにくいフォントを読まされたグループの方が好成績を収めました。

どうしてこんなことになるのでしょう?
そのメカニズムは、以下のようなものと考えられます。

読みにくいフォントで書かれた文章を読みこむには、かなりの労力をつぎ込まなければなりません。
そのため、脳内において深い処理が行われます。

その結果、文章の内容も記憶に残るらしいのです。
ということは、学校で使う教科書のフォントなども、読みにくい字体にしたら成績がアップするかもしれません。

いや、学校だけではありません。
分かりやすさが求められる社内会議の資料も、あえて読みにくいフォントを使って作成してみてはどうでしょう。
会議参加者の、案件に対する理解度がアップすること間違いなし!

えっ?
そんなことしたら、上司に怒られるだけだって?

乾坤一擲の挑戦

清水の舞台から飛び降りるくらいの覚悟で、福沢諭吉を3人も召集して手に入れた『ロイヤルハウス・ホールド』とともに、至福の時を過ごしているときでした。

突然、ある疑問が閃めいたのです。

「こんな、女子供が飲むような“ヤワな”スコッチばかり飲んでいていいのだろうか?」

たしかに、ジェームズ・ブキャナンの口当たりのよいブレンドを堪能するだけなら、1/30の価格の『ブラック&ホワイト』で十分。

今の私に必要なのは、「快適」ではなく「修行」ではないのか。
そうだ。
スコッチの神様は、私に苦難に満ちた修行の旅に出ろと言っているのだ。

そして、次に脳裏に浮かんだのは、数年前に観たNHK・BSプレミアムのあるシーン。
スコットランドの紀行番組で、アイラ島を紹介するといって登場した初老の男こそ、誰あろうジム・マッキューワンではありませんか。

『ボウモア』のブランド・アンバサダーとして世界的に有名な彼には、このブログでも一度『200年先の評価』(2016年8月)でご登場願いました。
貯蔵庫に現れる幽霊の話を、村上春樹に教えてくれた親切なおじさんです。

ジム・マッキューワンと言えば、今やアイラ島では「英雄」と崇められる存在。
なにせ私財を投げ打って、仲間たちとともに、名門ブルイックラディ蒸留所を再興してしまったのですから。

そうだ、この強烈なスモーキー・フレーバーのアイラ・モルトを征服しようではないか。
それこそが、私にとっての「修行」だ。

一般に、ピートの薫香というのは、ピートを焚く時間の長さによって決まります。
その薫香の強さを、フェノール含有物の多さによって数値化したものをフェノール値と言い、単位はppmで表します。
ノンピートのウィスキーでも、1~2ppmはあるそうです。

ところが、アイラ・モルトの『ラガヴーリン』や『ラフロイグ』は35ppmといいますから、そのスモーキー・フレーバーはノンピート・ウィスキーの35倍ということになります。
これでもかなり強烈ですが、『アードベック』に至っては55~65ppm。
このあたりになると、もはや“液体正露丸”と表現した方が適切かもしれません。

ところが、です。
ジム・マッキューワンは、これを超えるモルトを作ってしまったのです。
その名は『ブルイックラディ・オクトモア』。
フェノール値は、なんと80ppm。

しかもジムは、20世紀以降アイラ島では栽培されていなかった大麦を、農家に頼みこんで作ってもらいそれを原料に使ったり、カラメル着色や冷却濾過をやめたり、なんと4回蒸留のモルトを作ってみたりと、実に様々なチャレンジをしています。

取り寄せたのは、更に進化した『オクトモア07.1 スコティッシュ・バーレイ』。
フェノール値は、驚くなかれ208ppm!
これを、気品溢れる『ロイヤルハウス・ホールド』の後に飲もうというのですから、生半可な気持ちではアクシデントに遭う危険性があります。

まずは「家内安全」を祈願するため、神社にお参りすることにしました。
今回ばかりは、有名な神社に行った方がいいでしょう。

向かったのは、門前仲町にある富岡八幡宮。
しかし、よく考えてみるとここは昨年、女性の宮司を実弟が日本刀で斬り殺すという凄惨な事件のあった場所です。

こんな所で「家内安全」を祈願して、果たして御利益があるのだろうかと不安になった私は、万一に備えて大量のジンジャーエールを買い込みました。
20年前は『ボウモア』でさえこれで割らないと、とてもじゃないけど飲めなかった私です。

アルコール度数は59.5ですので、ストレートで飲むのは自殺行為。
サロン・ド・シマジの島地勝彦だって、胃ガンにならないようにトゥワイス・アップをお勧めしているではありませんか。

とりあえず、普段は用意しないナッツとレーズンも並べてみました。
心静かに、ゆっくりと口に含んでみます。

すると、どうでしょう。
まるで、燻煙がそのまま液体となって流れ込んできたかのよう。

でも、旨い!
とにかく旨い!

人生の全てをアイラ・モルトに捧げ、そしてそのことで得た財産を、惜しげもなくアイラ・モルトの再興に捧げた男、ジム・マッキューワン。

利口に立ち回って金儲けに成功した者だけが「勝ち組」と賞賛される時代にあって、無骨な男の不器用な執念が生んだ乾坤一擲の挑戦が、今私の五臓六腑に粛々と染み渡っていきます。

月並みな表現ですが、これを人は「男の浪漫」と呼ぶのでしょうか。
あぁ、こんなことならもっと早く「修行」の旅に出ればよかった。

1ページ 次へ

初めての方へ研修を探す講師紹介よくある質問会社案内お知らせお問い合わせ見積・資料請求サイトのご利用について個人情報保護方針

© FiveStars Academy Co., Ltd. All right reserved.