株式会社ファイブスターズ アカデミー

まずはお気軽にお問い合わせください。03-3500-1686

講師ブログ

自分はイケてる!

2017年1月のブログ『ダニング=クルーガー効果』で紹介したとおり、とかく人は自分の能力を過大評価しがちなもの。
会社でもそうですよね。
大した能力もないのに、偉そうに振る舞っている管理職は大勢います。

さらには、そんな不満を口にしているあなただって、本当は自分が思っているほど能力は高くないのですよ。
要するに、自分の人事考課に納得がいかないのは、自分の能力を過大評価してしまい、客観的に正しく評価する「メタ認知」ができていないからです。

「能力が劣っている人ほどなぜか自信満々」という「ダニング=クルーガー効果」は、実験によって「一般学力テスト」や「論理的思考力」の分野でも確認されています。
まぁそれだけなら、周りから陰で嘲笑されるだけで大した害はないのですが、高齢ドライバーほど「運転技術」に自信があると聞いては黙っていられません。
最近問題になっている、高齢ドライバーのアクセルとブレーキの踏み間違えの一因はこれかもしれません。

ところが、今回お話しするのは「能力」に関する話ではなく、なんと「顔」に関してです。
慶応大学の温文らは、2014年にとてもキャッチーな題名の論文を発表しました。
曰く『なぜ私ってフォトジェニックじゃないの?』

どうです?
読んでみたくなりませんか。

実験の概要はこうです。
まず、被験者の顔をデジカメで撮影します。

次に画像編集ソフトを使って、目だけを拡大したり縮小して、以下の6種類の画像を用意します。
①目だけを5%拡大
②15%拡大
③20%拡大
④5%縮小
⑤15%縮小
⑥20%縮小

これに「元の顔」を加え、これらの中から「もっとも自分らしい顔」を選んでもらいます。この時、被験者のクラスメイトにも参加してもらったのですが、彼らは正しく「元の顔」を選択しました。
ところが、これが本人が選ぶとなると、どうしても①の「5%拡大」を選んでしまうのです。

さらに、温文らは「口」についても同様の実験をしました。
するとこれも、クラスメイトは正しく選択できるのに対し、本人は「小さめ」を選んでしまうのでした。
みんな自分の顔のことを、実物以上に「イケてる!」と思い込んでいるというわけです。

私には、この実験結果は恐るべき事実を教えてくれているように思えてなりません。
というのは、人は一日のうち何回か鏡で自分の「顔」を見ますよね。
それほど頻繁に見ている「顔」でも、こんな過大評価が生じてしまうのです。

もし、これが「顔」ではなく、「能力」だったらどうでしょう。
そんなに頻繁に、自分の「能力」を確認する機会はありませんよね。

それどころか、特殊なテストでもやらない限り、客観的に「能力」を確認することなんて不可能です。
となると、自分の「能力」の過大評価度合いは、きっと「顔」以上になるでしょう。
「目」の場合は5%程度の過大評価で済みましたが、「能力」となると20%どころでは済まないかも。

自分の能力に対する自身の認識と、周りの人の認識のギャップというのは、想像以上にかなり大きいのかもしれません。
だんだん恐ろしくなってきました。

「人間、いかなる時も謙虚に」
確かにその通りです。

信念の歴史

昔々ある牛飼いが、エジンバラの市場に牛を卸しに行く途中の草原で、沢山の牛を休ませていました。

そこは程よく草が生い茂り、牛にとっても牛飼いにとっても実にありがたい休憩場所でした。
ある時、眼下にスペイ川を望む、その「緑の草の生い茂る谷間」が売りに出されていることを知り、牛飼いは迷わず買い取ることを決めます。

ところが、この広大な草地には、ある「おまけ」がついていました。
その「おまけ」こそ、『グレンファークラス』の蒸留所だったのです。

その牛飼い、ジョン・グラントは結構な呑ん兵衛だったらしく、それ以来牛飼いよりもウィスキー造りの方が本業になってしまいます。
記録上は1836年の創業となっていますが、ジョンが経営に力を注ぎ始めた1865年が事実上の創業年と言ってもいいでしょう。

この蒸留所のこだわりは、シェリー樽による熟成とガスによる直火炊き。
シェリー樽と聞いてすぐに思い浮かぶのは『マッカラン』ですが、『マッカラン』がファーストフィル(初めてモルトの熟成に使用)とセカンドフィルしか使わないのに対して、『グレンファークラス』はサードフィルまで使います。
普通に考えると、シェリーの香りはほとんど飛んでしまっているはずですが、何か独自の哲学があるのでしょう。

また、『マッカラン』の小さなポットスチルに比べると、その7倍はあろうかという巨大な蒸留釜は、ガスバーナーの直火で焚き上げます。
何でも、10年にも及ぶ研究の成果だとか。

こうして造られたウィスキーへの思い入れもひと方ならぬものがあり、ブレンデッド業者へ樽ごと卸す「カスク売り」は決してしません。
10年、12年、15年、17年、21年、25年、そして105と多彩なラインナップのすべてを、『グレンファークラス』の名で世に出しているのも並々ならぬ自信の表れか。

かつて「いつも飲んでいる酒は?」と聞かれたサッチャー女史が、「グレンファークラス105」と即答したという真偽の程がよくわからないエピソードも、鉄の女のプライドと相通じるものがあったからこそ生まれたものかもしれません。
わたせせいぞうの『北のライオン』に登場する、小学生のように小柄な看護師の大島くるみが、自分へのご褒美に注文するのも『105』。

105はアルコール度数を表すプルーフのことですが、アメリカン・プルーフが1/2、すなわち0.5を掛ければいいのに対して、ブリティッシュ・プルーフはちょっと複雑で0.571を掛けなければいけません。
105に0.571を掛けると60度。
かなり強い酒です。

これをストレートで飲んだりしたら、それこそ「ガンまっしぐら」。
トゥワイス・アップにした上で、念には念を入れて後からすぐにチェイサーを流し込みます。
レーズンの香りが仄かに漂うふくよかな12年や、まろやかさを絵に描いたような25年に較べると、ノンエイジらしく少しだけ若い酒の尖った感じが残ります。

でも、シェリーの香りが醸し出してくれるフルーティさと相まって、なんとも絶妙のバランスが成り立っているのは見事。
創業の頃のエピソードを聞いたせいか、心なしかのんびりと牛が食む牧草の匂いが漂ってくるような気がしないでもありません。

ウィスキーをじっくり味わうには、このトゥワイス・アップに限ります。
大手洋酒メーカーが仕掛けた「ハイボール戦略」のおかげで、長い間低迷していたウィスキーの消費量は急激な右肩上がりとなりましたが、このブームでウィスキーの美味しさに目覚めた人は一体どれ位いたのでしょうか。

多くの人は、ハイボールをファッションとして楽しむだけで、時が過ぎれば次の流行りに靡いていくのでしょう。
テレビでは『ホワイト・ホース』(2017年2月『誇大妄想狂』)をハイボールで、とはしゃいでいるCMが流れていますが、ウィスキーのロールスロイスと言われる『ラガヴーリン』を『クレイゲラヒ』と『グレンエルギン』で包み込んだ、ピーター・マッキー渾身の傑作を台無しにするなんて私には到底考えられません。
そんな人はおそらく、それが流行りだと言われれば、平気で『獺祭』を牛乳で割って飲むような人なのでしょう。

今日、あらゆるビジネスフィールドで、グローバル企業による合理性重視の経営がマーケットを席巻しています。
緻密に練られたマーケティング戦略のもと、日々新たな消費スタイルが提案され、社員は今日より明日、今月より来月の業績アップに追い立てられるのです。

過剰在庫は悪とされ、詳細な過去データに基づく適正在庫が厳密にデジタル管理されています。
しかし、頑ななまでに家族経営を守り続けるグラント一族が、地道に積み上げた樽のストックはなんと5万樽以上。

「いま仕込んでいるのは子供の代、いや孫の代を目指して造っているんだよ」と、5代目オーナーは誇らしげに島地勝彦に語りました。
ウィスキー造りには、経済合理性とは一線を画した、“信念の歴史”のようなものがあるように思えてなりません。

ウィスキーの世界でも、近視眼的な「売上至上主義」が大手を振って闊歩するのを見ていると、禁酒法時代に大幅に売り上げを伸ばし、その後あっという間に没落の坂を転げ落ちたキャンベルタウンを連想してしまいます(2016年8月『200年先の評価』)。

大きな成長は追わず、品質に自信のあるものだけを長く作り続ける。
多くの人に愛されなくていいから、そのかわり造り手と同じくらい頑固な飲み手に愛され続ける。

『グレンファークラス』は、日々数字に追われる私たちに、何か大切なことを教えてくれているのかもしれません。
ちなみにこの蒸留所では、ウィスキー造りの際に出る麦芽のカスを飼料にして、アバディーン・アンガス牛を飼育しているそうです。
グラント家のルーツを忘れないという戒めなのでしょうか。

忙しかった一日の終わりに、ほっと一息つきながら自分へのこんなご褒美を味わう日があったとしても、決して罰は当たらないと思いますが・・・。

求めている「何か」

青森県にある恐山菩提寺の院代、南直哉(じきさい)のもとには様々な人が悩みの相談に訪れます。
ある女性が「結局、私は心安らかな毎日がほしいだけなんです」と言うので、南は「それはどういう毎日ですか?」と尋ねました。

「朝7時に起きて、ゆっくりお茶を飲んで、朝食をちゃんととって・・・」
「では、何時に起きているんですか?」
「8時にしか起きられないんです」

これは簡単に解決できるだろうと早起きを提案すると、「寝るのが遅いので睡眠時間は削れない」と反論してきます。
それなら早く仕事を終わらせたらと水を向けると、「時給制なので収入が減ってしまう」と細かな計算が始まってしまいました。

南によれば、これは自分が何を求めているのか、何を大切にしたいのかがわかっていないために起こる混乱なのだそうです。
多くの人は、「何か」が手に入れば幸せになれると思っています。
その満たされない「何か」は、時に人を不安に陥れる原因ともなるのです。

この女性の場合は、7時に起きることができれば幸せになれると思っているのですが、
自分が求めている「何か」、大切にしたい「何か」が、ゆっくり過ごす「平穏な日々」であるならば、多少の収入減は受け入れなければなりません。

そうではなく、求めている「何か」、大切にしたい「何か」が「お金」であるならば、
あわただしい日々はやむを得ないと考えて、しっかり働く方を選ぶべきです。

ところで、この女性の話を「しょーもない話だな」と、半分バカにして聞いている私たちは一体どうなのでしょう?
自分が求めている「何か」、大切にしたい「何か」が、はっきりわかっているのでしょうか?

南はもう一人、「私の生きがいは妻です」と言い切った中年男性の話も紹介しています。
大企業に勤めている彼は、ある時転勤の話を断ってしまいますが、その理由は妻が「引っ越したくない」と言ったからです。
それが影響したのか「飛び抜けた出世はできませんでした」と笑いながら話す姿からは、さほど後悔している様子は感じられません。

なぜなのでしょうか。
それは彼には、自分の求めている「何か」、大切にしたい「何か」がはっきりわかっているからです。

あなたはどうですか。
転居を伴う栄転の辞令を貰ったのに妻が引っ越しを嫌がったとしたら、「出世」を選びますか?
それとも「家族」を選びますか?

この選択は、先ほどの女性の話と少し通じるところがありますよね。
つまり、あなたが求めている「何か」、大切にしたい「何か」が「出世/お金」なのか、それとも家族との「平穏な日々」なのか、ということです。

多くのサラリーマンは、取りあえず真ん中をとって「単身赴任」で手を打ちます。
そうやって自分の求めている「何か」、大切にしたい「何か」を曖昧にしたままで取りあえず人生をやり過ごしていくのです。

ところが、そろそろ定年を迎える頃になると、ちょっと面倒なことが起こります。
「出世/お金」はもう選択肢の中から消えているので選ぶことはできませんが、かと言って「家族」の方を大切にしたいと思っても、そう簡単には事が運ばないのです。
と言うのは、現役時代「出世/お金」のために大して顧みることのなかった「家族」にとって、あなたはもうそれほど大切な存在ではなくなっている可能性があるからです。

ここに至り私たちは、自分の求めている「何か」、大切にしたい「何か」を真剣に考えようとせずに、先送りし続けたことのツケを払わされるはめになります。

それが手に入れば、幸せになれると思い込んでいる「何か」。

その「何か」を、現役時代は「出世/お金」、定年後は「家族」とそれぞれ分けて考える人もいるでしょう。
でも、場面によって都合よく切り替えられると思っているのはあなただけで、家族の方はそう思っていないかもしれません。

おそらく、二者択一で答えが見つかるような単純な問題ではないのでしょうが、人生において求めている「何か」、大切にしたい「何か」を一度じっくり考えてみることで、その優先順位やウェイト配分が少し変わってくる可能性はありますよね。

仕事に追われる忙しい日々ですが、ちょっとだけ立ち止まって考えてみませんか。
もちろんすぐに答えは出ませんが、それでもいいのです。
やがて定年を迎え、否応なしにこの問いを突きつけられて、後悔の念に苛まれる前のちょっとした練習だと思って・・・。

汚い言葉が効果的

誤ってカナヅチで自分の指を叩いてしまった時、なぜか人は「クソッ!」などという汚い言葉を発してしまいます。
思わず口にする侮蔑語は、もしかしたらフラストレーションのはけ口になっているのかも?

そんな考えが浮かんだのは、キール大学のリチャード・スティーヴンス。
それを検証する実験手法を検討していた頃、ちょうど流行していたのが「アイスバケツ・チャレンジ」でした。
バケツに入った氷水を頭から被るという、あれです。

スティーヴンスはこれを少しアレンジして、悪態をつきながら氷水の入ったバケツに手を浸してもらうという実験を思いつきました。
時間は最長5分間。

結果はと言うと、侮蔑的な言葉を何度も口にしながら氷水に手を浸した方が、普通の言葉を発するよりも長い時間耐えることができました。
それだけではありません。
感じる苦痛の度合いが低くなり、心拍数もより高くなったのです。
悪態をつくことは、苦痛に耐えることに関しては有効な行動だったわけです。

この時、スティーヴンスは、心拍数が高くなったという事実に注目しました。
被験者に「闘争・逃走反応」が起きて、ストレス性の無痛状態になったのではないかと考えたのです。
「闘争・逃走反応」とは、動物が身の危険を感じた時に「戦う」か「逃げる」かのどちらかを選択する反応のことを言います。

「戦う」場合は血中のノルアドレナリン濃度が高まり、「逃げる」場合はアドレナリン濃度が高まります。
ノルアドレナリンが「怒りのホルモン」、アドレナリンが「恐怖のホルモン」と呼ばれる所以です。

この「闘争・逃走反応」というのは、生理学界の大御所ウォルター・キャノンが1929年に提唱した大変有名な説ですが、彼は優れたユーモアセンスの持ち主だったので、
“Fight or Flight?”(戦うか逃げるか?)というダジャレを用いて論文を書いたのでした。

さあ、困ったのは日本語の訳者。
この見事な英語のダジャレをどう訳そうかと悩んだ挙句、「闘争か、逃走か?」というこれまた名訳を捻り出します。
これは座布団一枚ですよね。
最近では、この他に“Freeze”(固まる)も加えて「3つのF」と言われています。

スティーヴンスは念のため2回目の実験を行いますが、そこで新たな事実に気づきます。
被験者に日常生活で侮蔑語を口にする回数を尋ねたところ、頻繁に悪態をついている人ほど痛みの軽減度合いが少なかったのです。
一定の刺激が繰り返し行われると、その刺激の効果が次第に薄れていくことを心理学の専門用語で「馴化」と言いますが、悪態をつく効果にも馴化が認められたのです。

それにしてもスティーヴンスはしつこい。
なんと、3回目の実験も行っています。

今度は「侮蔑語を発するときに人は攻撃的になっている」という仮説を立て、被験者を2つのグループに分けて片方にはシューティング・ゲームを、もう片方にはゴルフのビデオゲームをやってもらいます。
すると、シューティング・ゲームをやったグループの方が、長い時間氷水に耐えることができ、その上心拍数も高いという結果が得られたのです。

仮説は証明されたわけです。
以上をまとめるとこうなります。

人は、悪態をつくとき攻撃的になる。
そして、悪態をつくことでストレスが軽減され、より長い時間苦痛に耐えられる。
ただし、普段からしょっちゅう悪態をついていると、その効果は薄れてしまう。

まぁ、一言で言うと、上司の悪口は「いざ!」という時のためにとっておきましょう、という教訓ですかね。

百( )は一( )に如かず

「百(  )は一(  )に如かず」という穴埋め問題が出されたら、答えは当然「百(聞)は一(見)に如かず」ですよね。

この諺は中国の二十四史の一つ、「漢書」(かんじょ)という歴史書に書かれているものだそうです。

百人の話を聞くよりも、自分の目で事実を確かめることの方が大事である。
会社でもそうですよね。
現場で何が起こっているのかを知りたければ、大勢の部下から報告を聞くよりも、自ら現場に足を運んで自分の目で確認した方が早いはず。

この諺に異論のある人はいないだろうと思っていたら、「見るだけでよいのか?」という疑問を呈する人が現れました。
中国では、後世の人々が様々な続きの諺を創作しているそうです。

まず最初は、「百見は一考に如かず」
つまり、百の「見る」ことよりも、「なぜ?」と「考える」ことの方が大事だと言うのです。
なるほど、言われてみればその通り。

現場の不具合を自分の目で確認しても、それだけで終わってしまうのでは意味がありません。
なぜ、そのような事象が発生したのか、その原因を突き止める必要があります。
つまり見るという行為は、見た事実を分析し検討するという、「考える」ことで初めて意味をもつことなのです。

ところが今度は、「考えるだけでいいのか?」と主張する人が出てきました。
不具合の原因を突き止めても、対策を実行しなければ意味がないというのです。

そこで、「百考は一行に如かず」(百の考えより一つの行動)が生まれました。
言われてみれば、これも納得ですよね。

原因を「考える」だけでは問題は解決されません。
「考えた」結果として対策を実行する、すなわち「行動する」ことで問題は解決に向かうのです。
今までの話を、不等号を使って分かりやすく整理してみますね。

「聞く」<「見る」<「考える」<「行動する」

結局のところ、「行動する」ことが最も重要なのです。
「行動」に繋がらない見聞や考察は大して意味を持たない、と言ってもいいでしょう。

あなたの会社には、「聞くだけの人」や「見るだけの人」、そして「考えるだけの人」はいませんか。
会社の規模が大きくなると、頭脳明晰な優秀人材が入社してきますが、この優等生たちは問題分析に関しては類い希な才能を発揮するくせに、いざ「行動する」となると尻込みしてしまうケースが多いのです。

このような「評論家」タイプの社員が多くなると、間違いなく会社は衰退します。
求められるのは、あくまで「行動する」人なのです。

ところが、この「行動至上主義」に対しても異議を唱える人が出現しました。
これ以上何があるというのでしょうか。

その人曰く、「百行は一果に如かず」

百の行動よりも一つの成果というわけです。
最終的な目的は「行動する」ことではなく、行動によって「成果」をあげることだと言われてしまうと、確かにその通り。
「成果」こそが最終的なゴールだ、という結論には誰もが納得ですよね。

人の話を「聞く」ことや自分の目で「見る」こと、そして一生懸命原因を「考え」て改善に向けて「行動する」ことは、すべて「成果」をあげるためにすることなのです。
つまり、「聞く」、「見る」、「考える」、「行動する」という行為は、「成果」というゴールに辿り着くためのプロセスに過ぎないのです。

猛烈なスピードで変化し続ける現代ビジネス。
人事考課の世界に、「成果主義」が導入されて早数十年。

しかし、と私は思うのです。

その「成果」というゴールに向かうプロセスにおいて、「聞く」ことや「見る」こと、そして「考える」ことは十分に機能しているでしょうか?
少しばかり疎かになってはいませんか?

目先の「成果」にこだわるあまり、十分に「聞い」たり、「見た」り、「考え」たりする前に、拙速な「行動」が取られているようなことはありませんか?

上がってくる数字だけで判断するのを止めて、まずは現場の人たちの話に耳を傾けてみませんか。
そして、現場に足を運んで自分の目で事実を確認し、どうしたらいいのかじっくり考えてみることから始めてみませんか。

1ページ 次へ

初めての方へ研修を探す講師紹介よくある質問会社案内お知らせお問い合わせ見積・資料請求サイトのご利用について個人情報保護方針

© FiveStars Academy Co., Ltd. All right reserved.