株式会社ファイブスターズ アカデミー

まずはお気軽にお問い合わせください。03-3500-1686

講師ブログ

乱雑なデスク

あなたのデスクの上は乱雑ですか、それともキチンと整理整頓されていますか。

もしあなたの仕事が、新商品の開発などといった独創性が必要な仕事ならば、デスクの上は片付けない方がいいかもしれません。

ミネソタ大学のレデンらマーケティング科学の専門チームが、2013年に実にユニークな実験結果を発表しました。
被験者は2つのグループに分けられ、Aグループは散らかった乱雑な部屋、Bグループは整理整頓された部屋にそれぞれ通されます。

まず第一の実験。
両方のグループに、地元のピンポン玉メーカーの販路拡大のため、ピンポン玉の新しい使い道を考えてほしいという課題が出されます。

この時、両グループを比較するポイントはアイデアの独創性です。
Aの乱雑グループからは、「ピンポン玉を半分に切って製氷器として使う」といった独創性の高いアイデアが提示されました。

一方、Bの整理整頓グループからは、「ビールを飲みながら、グラスにピンポン玉を投げ入れるゲーム」というアイデアが出されますが、これはピンポン玉本来の使い方なので独創性は低いと判定されます。

集計すると、Aグループの方の得点が高くなりました。
独創的な発想が生まれやすいという点では、乱雑な環境の方がいいようです。

次に、第二の実験。
レストランのメニューを見て飲み物を選ぶという課題ですが、選択肢は二つしかありません。

どちらもパワーアップ成分を加えたという触れ込みのフルーツ・スムージーで、一つは「ニュー・ヘルス・ブースト」。
残りの一つは「クラシック・ヘルス・ブースト」。

違いは「ニュー」か「クラシック」の部分だけです。
すると、Aの乱雑グループは「ニュー」が多くなり、Bの整理整頓グループは「クラシック」が多くなりました。

部屋が整理整頓されているだけで、人は保守的になるようですね。
どうやら無秩序という環境は独創性だけでなく、新しいことにチャレンジする気持ちも高めてくれる効果があるようです。

若い頃、「デスクを整理できない奴は、頭の中も整理できない」とよく注意されたものですが、新規の開発案件を抱えている部署などは、むしろ乱雑な方がいいアイデアが生まれるかもしれません。

デスクの上が散らかっていることの、上手い言い訳が見つかったと喜んでいるあなた、もちろん程度問題ではあるのですよ。

ところで、デスクの乱雑さと頭の中身の相関関係を論じる人に対して、アインシュタインは皮肉たっぷりにこんなことを言っています。

「デスクが散らかっている者は、頭の中身も散らかっているそうだが、では何もないデスクはどうなる?」

今日も問題発生!

今日もまた問題発生!
あなたの職場では、毎日のように突発的な問題が起きていませんか。
原因は部下のミスだったり、クライアントのわがままだったりと様々ですが、「火消し」に忙殺されるのは決まって管理職。

「そもそも、イレギュラーな事態に対応するために管理職が存在している」と、原則論を振りかざされるとグーの音も出ないのですが、今の管理職はプレイング・マネージャーとして定例的な仕事も抱えています。
さらには、働き方改革の影響で、一般社員がやり残した仕事も管理職に回ってきます。

それらをひとまず脇に置いておき、全力で緊急案件の解決に当たった結果、なんとか出口が見通せる目処がついた頃にはすでに終業時間。
さぁ、これから残っている仕事を片付けねば・・・。
これでは、体がいくつあっても保ちませんよね。

どこかにいい解決策はないのでしょうか。
それとも役職定年を迎えてお役御免になる日がくるまで、延々とこの「モグラ叩き」状態が続くのでしょうか。

トヨタでは、問題解決には2種類あると考えるそうです。

一つは「発生型」。
これは日々起こる問題のことで、あなたが今担当しているヤツです。
では、もう一つの問題解決とは何でしょう。

それは「設定型」です。
例えば、3年後のあるべき姿を設定して、意図的にギャップを作り出すのです。
つまり、現状では大して支障を感じていないとしても、先手を取ってあえて問題を作り出し、その改善に着手していくのです。

しかし、この「設定型」の問題解決という手法を使うには、仕事の進め方や部下の育成について、日頃から管理職がしっかりしたヴィジョンを持っていなければなりません。
あなたは自分の職場について、3年後のあるべき姿を考えたことがありますか。

「目の前の火消しが忙しくて、とてもじゃないけどそれどころじゃないよ」
そう言いたくなる気持ちも分かりますが、毎日のように問題が発生するのは、管理職がそのようなヴィジョンを描いていないからかもしれませんよ。

日々発生する問題をゼロにする事はできませんが、問題が発生する根本的な部分にメスを入れることで、その発生率を引き下げることはできるはずです。
それなら、要する期間は3カ月もあれば十分。

ルーティンワークとなってしまった「モグラ叩き」の手をちょっと止めて、そもそもの原因に切り込んでみませんか。

上司アプリ

今回は、AIの普及によって将来の働き方がどのように変わるかについてお話しましょう。
参考にしたのは、2017年12月のブログ『企業寿命30年説』で引用した、鈴木貴博の著書『仕事消滅』です。

一般にAIが進化すると、ロボットにとって代わられるのは単純労働だと思われがちですが、鈴木によればこれは間違いだそうです。

例えば、コンビニで様々な形状の商品をダンボールから取り出して棚に陳列するという作業などは、指先がかなり進化したロボットでなければできないそうです。

同様に、ハンバーガーショップの店員がバンズの上にレタスやらハンバーグやら、さらにはピクルスといった硬さの違う素材を落ちないように乗せる技術というのも、ロボットがやるとなると膨大な開発期間を要するそうです。

というのは、進化したAIがロボットの「手」に対して、掴むべき対象の大きさや、摘まむ際の圧力に関する詳細な命令を出したとしても、その命令をキチンと遂行するだけのハードの開発が追いつかないというのです。
ですので、コンビニの品出しやハンバーガー作りの仕事は、人間がやらなければならない仕事として最後まで残る可能性が高いそうです。
AI時代と言っても、案外原始的なものなのですね。

逆に、AIがすぐにでも人間に取って代わることのできる仕事は頭脳労働です。
現在でも、株のファンドマネージャーなどの複雑な仕事はほとんどAIが担当しています。

中でも、最もAIに適している職業は裁判官だと言います。
裁判官の仕事というのは、あらかじめ膨大な法律書をすべて読み込んだ上で、過去にどんな判例が出ているのかを調べて照らし合わせます。
これこそAIの得意分野に他なりません。

ところで、会社の中で頭脳労働を担っている人といえば、間違いなく管理職です。
AIの進化によって、管理職の仕事は一体どのように変わるのでしょうか。

AI時代の管理職の仕事は、すべて「スマホ」に取って代わられる可能性が高いと言われています。
ちょっとSFチックになってしまいますが、近未来の営業マン「佐藤クン」の一日を想像してみましょう。

佐藤クンがデスクでアポイント取りの電話をしている間も、スマホの「上司アプリ」は、そのやり取りをちゃんと記録・分析しています。
もちろん、その後アポ先に訪問して、営業トークを展開している間も作動しています。
ちなみに、電話でアポを取って営業に行くという「汗かき仕事」は、ロボットには無理なので簡単にはなくなりません。

さて、帰社した佐藤クンはさっそく「上司アプリ」のアイコンをタッチして、「フィードバック」というメニューを呼び出します。
すると、スピーカーからこんな声が聞こえてきます。

「君のアポ取りや営業トークは、この1カ月の間にずいぶん成長したよね。
具体的にいうと、臨機応変な切り返しができるようになった。
これは素晴らしいことだ」
と、ほめ言葉が続いた後にいよいよ問題点の指摘です。

「ただ、先方が価格を理由に難色を示した時、簡単に値下げに応じてしまうのではなく、まずはオプションの見直しを提案してみた方がよかったかもしれない。
次はこのスキルの習得を意識してみたらどうだろう。
そうすれば君は、もっと優秀な営業マンになれるはずだよ」

どうです?
佐藤クンのモチベーションは絶対に上がりますよね。

現在、iPhoneに搭載されている「Siri」も、ユーザーによって微妙に言い回しを変えているそうですから、「上司アプリ」ともなると部下の性格を熟知した上で、ひとり一人に最も適した言葉や話し方を選択してくれるはず。

このアプリを導入すれば業績アップは間違いなし。
発売が待ち遠しいですね。

でも、ちょっと待ってください!
これって、会社の中で「育成がうまい」と評判の管理職なら、みんなやっていることではありませんか。

つまり、「上司アプリ」がお手本としているのは、現存する優秀な管理職の行動なのです。
それならAIなんかに頼らなくても、今の管理職をブラッシュ・アップすれば済むことではありませんか。

仕事への熱意がない?

日本の会社員は、他の国と比べて仕事への熱意が異常に低い!

働く人々の「仕事への熱意(エンゲージメント)」に関する調査は欧米で盛んに行われていますが、日本人の仕事に対する熱意は、ほぼすべての調査で最下位クラスだそうです。
こんなに毎日一生懸命働いているのに、とてもじゃないけど納得できませんよね。

アメリカのギャラップ社の調査では、「仕事に主体的に取り組む人」は全体のたった6%しかいなくて、世界139カ国中なんと132位。

この時注意しなければならないのは、ここで言う「熱意」の定義は、「真面目」ということではなく「主体性」ということです。

2017年にIBM社が発表した同種の調査でも、日本は43カ国中42位で日本より下はハンガリーだけでした。

「言われたことは忠実にやるけど、自発的にやろうとはしない」

そんな日本人の平均的社員像が浮かび上がってきます。

断っておきますが、これらの調査は若年層だけを対象にしたものではありません。

ベテラン社員や管理職も含まれています。
つまり、仕事に対する「主体性のなさ」というのは、日本のサラリーマン全体の特徴と言っても過言ではないのです。

また別の調査では、「転職したい気持ちはあるがこのまま続けていくだろう」と答えた“消極的終身雇用派”が40%にも上りました。
ただこれは、高度成長期でも20%を超えていたそうですから、この傾向は今に始まったことではなさそうです。

考えてみれば、高度成長期はやるべきことが明確だったので、労働者に真っ先に求められる能力要件は「勤勉」でした。
歯車の一つとして、与えられた役割を黙々とこなしていれば仕事は回っていたのです。
ところが、現代のような先行き不透明な時代になると、一人一人の創意工夫する力が大きくモノを言います。

でも、突然「主体性」だとか「自発的」だとか、さらには「創意工夫」だと言われても面食らってしまいますよね。
一体、どこから手をつければよいのでしょう。

ギャラップ社の、職場に関するアンケート項目にヒントがあるような気がします。
以下に5つほど挙げますので、あなたもちょっとやってみませんか。

①自分の意見が考慮されていると感じる
②自分の得意なことを行う機会が毎日ある
③この1週間で、自分の仕事がほめられたり認められたことがある
④この1年間で、仕事を通じて学び成長する機会があった
⑤職場に親友がいる 

いかがですか?
社員が「主体的」に仕事に取り組む職場を目指して、まずこの5項目について“YES”をひとつでも増やすことから始めてみませんか。

ハトの方が賢い?(2)

「モンティホール・ディレンマ」におけるヒトチームとハトチームの対抗戦は、
スイッチが正解であるにも関わらず、初日はどちらもステイ70%、スイッチ30%という、実に低レベルでの引き分けに終わりました。

このことから、ヒトとハトのどちらも、数学的に賢い頭脳は持ち合わせていないことがわかります。

ところが、30日後の最終日に100回の試行を重ねた結果は、人類を驚愕させるに十分なものでした。

ヒトチームはステイがほぼ70%、ステイ30%。
これは、初日の結果と同じではありませんか。
ということは、ヒトは30日間もの間、何一つ学習しなかったことになります。

対するハトチームは、なんと100%に近い確率でスイッチを選択していました。

何ということでしょう。
人類の頭脳が、ハトに敗北した瞬間です。
よりによって、あんな小さな脳ミソに負けるなんて・・・。

しかしどう考えても、ハトが実験の途中で1/3と2/3の確率分布に気づいたとは思えません。
いや、むしろ確率分布の計算ができなかったからこそ、正しい行動をとることができたと考えるべきでしょう。
つまりハトは、繰り返しの中でスイッチした方がエサにありつく確率が高いことに、経験上気づいたに過ぎないのです。

では、なぜヒトは気づくことができなかったのでしょうか?
それは、「どちらも1/2のはず」という誤った先入観が邪魔をしたからです。
なまじ自分を賢いと思い込んでいるから、素直に経験から学ぶことができなかったのです。

ビジネスでも同じではないでしょうか。
私たちに必要なのは、高度な数学的処理能力ではなく(と言っても大して高度でもありませんが)、先入観にとらわれることなく客観的に事実を見つめ、そこから最善策を考え出す能力です。

そして何よりも大切なのは、「まず実行してみる」という勇気ではないかと思うのです。
というのは、初日にヒトもハトもステイが70%だったのは、ある傾向を示していると思うからです。

もし、ステイとスイッチの確率が1/2ずつであると本当に信じていたなら、ステイとスイッチの比率は50%ずつになってもよさそうなものです。
なぜ、そうならなかったのかというと、私たちはステイとスイッチが確率的に同じだと頭で理解していても、いざ行動するとなると、無意識のうちに現状維持のステイの方を選択してしまうのではないのでしょうか。

スイッチは、現状からの変化を意味します。
どんなに簡単そうに見えても、変化というのは精神的な負担を伴うものです。
だから、どちらも確率が同じであるならば、ついつい精神的に負担が少ない、現状維持の方を選んでしまうのです。

それはハトも同じでした。
おそらく、生き物すべてに、このようなプログラムがなされているのでしょう。

このプログラムに打ち勝つには、
「自分には誤った先入観とか、現状維持といった致命的な欠点があるのだ」
ということを、誰よりも深く自覚し続けること以外にありません。
それが、ヒトがハトを超える唯一の道なのです。

1ページ 次へ

初めての方へ研修を探す講師紹介よくある質問会社案内お知らせお問い合わせ見積・資料請求サイトのご利用について個人情報保護方針

© FiveStars Academy Co., Ltd. All right reserved.