株式会社ファイブスターズ アカデミー

まずはお気軽にお問い合わせください。03-3500-1686

研修を探す

コミュニケーション研修(TA*編)

TA(交流分析)を通して自己理解/他者理解を促進させコミュニケーションを円滑にする

研修効果

・TA(交流分析)によって自我状態を正確にとらえることで、自己行動が再認識できる

・人間関係で発生するストレスの原因が分かるため、軽減措置行動がとれる

・自己の性格の特徴を知ることで、自分の可能性に気づく

対象 全社員
日数 1日間コース

カリキュラム

時間 コミュニケーション研修(TA*編) 研修カリキュラム
9:00

◇オリエンテーション

  • 導入レクチャー

 

1.コミュニケーション実践 ステップ(1)自我状態

  • 人間の自我状態とは?三つの基本自我状態を知る
  • TAセルフチェック自分の五つの自我状態を知る
  • TAグラフを読み取るどの自我が強いか?を知る

 

2.コミュニケーション実践 ステップ(2)〜行動特性と修正

  • CP/NP優位型周囲に厳しすぎる/周囲に優しすぎる
  • A優位型冷たく突き放す
  • FC/AC優位型自分を出しすぎる/自分を抑えすぎる

 

3.コミュニケーション実践 ステップ(3)タイプ別ストレス傾向

  • CP/NP優位型ストレスをため込む/ストレスを自覚しない
  • A優位型自分を自分で息苦しくしている
  • FC/AC優位型他人にストレスを与える/ストレスを溜めこむ

 

4.コミュニケ―ション実践 ステップ(4)ストローク行動

  • 二種類のストローク肯定的/否定的ストロークは受け取る相手が決める
  • ストロークバランス自分がどのようなストローク行動を取っているか棚卸しする
  • ストロークの五原則ストロークとディスカウントを明確にする

 

17:00

終了

*:E・バーンにより創始された「人間関係や人の行動を理解するための理論的体系」のこと

 

受講者の感想

・TAによって自分の性格がはっきりして、とてもおもしろかった

・自分の「あまり気にしない性格」というのは、周りにとっては「ある種のストレス」になっていることが分かった

・遠慮が時にはディスカウントであると分かった。これからは遠慮せず、素直に自分を伝えようと思う。

関連する研修

初めての方へ研修を探す講師紹介よくある質問会社案内お知らせお問い合わせサイトのご利用について個人情報保護方針

© FiveStars Academy Co., Ltd. All right reserved.